ココナッツオイルの選び方のポイント万能美容オイルとして使うにはどれ?

ミランダ・カーが愛用ということでも有名なココナッツオイル・・・

ココナッツオイルは、ココナッツの果肉から抽出したオイルです。

万能美容オイルとしても評判ですが、どんなものを選べばいいのか迷うこともありますよね。

ココナッツオイルを選ぶ時には、やはりおさえておきたいポイントなどを紹介したいと思います。

スポンサードリンク



ココナッツオイルは2種類ある

ココナッツオイルもオリーブオイルと同じように2種類あります。

【ヴァージンココナッツオイル】

オーガニックヴァージンココナッツオイルなども

無精製

ビタミンEが豊富

※アンチエンジングに良い

無添加

※化学物質・添加物を一切含まない

非加熱抽出

※生しぼりですね。

他のオイルより微細な粒子

約50%が母乳成分「ラウリン酸」

酸化に強い

エネルギーになりやすい

生で食べても安心

価格は高め

常温で2年間ほど保存できる

【ココナッツオイル】

精製されている

不飽和脂肪酸が高い

添加物が多い

甘い香りもしない

「レギュラー」や「オールナチュラル」「RBD(漂白脱臭精製済み)」と表示されている

溶媒や加熱によってココナッツオイルを抽出

ココナッツの味もしない

スポンサードリンク




ココナッツオイルの選び方のポイント

ココナッツ01【選び方のポイント】

ヴァージンココナッツオイル、オーガニックヴァージンココナッツオイルとなっているもの

コレステロール・トランス脂肪酸フリーとなっているもの

水素添加されていないもの

非加熱

通常固形で温度が高くなると液体になる

ココナッツオイルの人気ブランド

※ココウェル 

※ブラウンシュガーファースト 

※ネイチャーズウェイ

など

 ヴァージンココナッツオイルの使い方

ココナッツ02ココナッツオイルは飽和脂肪酸の中鎖脂肪酸を多く含むため、酸化しにくく、消化吸収が4倍、代謝は10倍・・・

つまり脂肪になりにくいのでダイエットにも最適のオイルなんですね。

ココナッツオイルの脂肪酸は、中鎖脂肪酸なので、長鎖脂肪酸と違い肝臓ですみやかに吸収されて分解され、すぐにエネルギーになるということです。

ですから健康にもよくて、万能美容オイルとしても使うにはヴァージンココナッツオイルを使います。

そのまま摂取する

※大さじ2杯くらいを毎日サプリメントのようにとる

頭皮マッサージに使う

※洗髪前に頭皮に塗ってマッサージする

日焼け止めとして使う

※ヴァージンココナッツオイルは紫外線を20%カットしてくれるので、アトピーなどで日焼け止めが使えない人に

体に塗る

※保湿剤として乾燥した手などに塗る

料理やお菓子作りに使う

※お菓子作りはバターの代用として

※パンに塗る

マッサージオイルとして使う

※妊娠線予防でクリームを塗ってマッサージしていても、赤ちゃんが生まれてからは乳房には塗れないのでしない人もいますが、ヴァージンココナッツオイルなら安心して使える

※もちろん、妊娠中でも

ココナッツオイルをそのまま摂取するのが大変・・・という場合や外出先でも手軽に摂取したい場合などはヴァージンココナッツオイルのサプリメントを利用すると継続的に摂取できるので、こういったものを利用するのもいいですね。

VCOサプリメント

まとめ

ココナッツオイルは東南アジアのさまざまな国で採れるそうです。

なかでもフィリピン産・タイ産・インドネシア産は多いですよね。

フィリピンにはココナッツ庁という政府機関があるそうで、品質管理の指導や技術支援を行っていて、高い品質を目指しているそうです。

ココナッツの木は「生命の木」と呼ばれているくらい食糧としても薬としても高い評価を受けているんですね。

スポンサードリンク