瘀血が原因でシミ・シワ・クマが出来る?血液をサラサラに改善しよう

しっかりシミやシワの対策もしているのに、何故か改善されなかったり、ひどい人は悪化したり・・・・

それはもしかしたら、あなたのお血が原因なのかもしれません。

お血は健康的にも問題があり、多くの病気の原因ともなりますし、お血によって肌の状態が悪くなり、新陳代謝も正しく行われなくなっている可能性があります。

スポンサードリンク


瘀血(お血 おけつ)が原因でシミ・シワ・クマが出来る?

お血が原因02 - コピー

【お血とは?】

お血とは流れが悪く滞りがちな血液、よどんだ状態になっていて、正常な状態に比べて粘度が強くなっているため流れが悪くなっている血液です。

お血は万病の元といわれるくらい、重大な病気の原因にもなるとされていて、高血圧や脳梗塞、心筋梗塞を引き起こす可能性もあります。

【お血の可能性があると思われる体の症状】

◆生理痛が酷くて、レバーのような血の塊が出る

◆シミやソバカスが多い

◆目の下にクマができている またはクマができやすい

◆舌の裏側が紫色になっている

◆吹き出物が多い

◆肌荒れしやすい

◆便秘気味である

◆ひどい肩こりに悩まされている

◆背中がいつもこっている

◆手足がいつも冷えている

◆顔色が悪い

◆怪我をすると傷が残りやすい

このような症状がいくつか当てはまる場合は「お血」である可能性がありますね。

【お血の原因となる主なもの】

◆運動不足

◆バランスの悪い食事

◆ストレス

◆不規則な生活

◆睡眠不足

◆過労

◆ジャンクフード・インスタント食品ばかりの食事

◆冷たいものばかりの飲食

血液の循環が悪くなれば、当然お肌にも影響を与えます。

ターンオーバーも正常に行われず、その結果、シミやシワ、クマなどの原因にもなります。

しっかりお肌の対策をしているのに・・・という人はとくに「お血」が原因になっている可能性がありますね。

体全体が健康でないのに、お肌だけ、顔だけ良くなるというのは考えられませんから、まず生活習慣を見なおして「お血」をサラサラの血液になるように改善していくことが大切ですね。

スポンサードリンク




お血を改善する生活習慣

【お血改善に効果のある食品】

◎ 野菜

青ネギ にんにく ピーマン パセリ ほうれん草 タマネギ アスパラガス ニラ セロリ にんじん ブロッコリー ゴーヤ トマト キャベツ 白菜 など

※ネギ類、とくにタマネギは積極的に食事に取り入れたほうが良い

◎ 魚

まぐろトロ うなぎ蒲焼き しめさば さんま 真いわし たちうお 天然ぶり さわら カツオ あなご きんめ鯛 たらこ ほっけ あじ ひらめ すずき かれい タコ まぐろ赤身 など

◎ 発酵食品

納豆 酒粕 ぬか漬け など

◎ キノコ類

◎ 海藻類

【適度な運動】

室内でのストレッチや30分程度のウォーキング

【睡眠】

質の良い睡眠を取れるようにする

十分な睡眠時間をとる

※シャワーでなく湯船に浸かって血行を良くする

【冷えを防ぐ】

エアコン等で体を冷やし過ぎないように注意する

お血を改善するのに効果的なツボ

「お血」を改善するのに効果的なツボを押して、血行を良くする方法です。

【お血改善に効果のあるツボ】

血海(けっかい)

※生理にまつわる症状に関係あるツボ

※血の流れが悪いなどの婦人科系の症状に効果的なツボ

※膝のお皿の上、内側の角から指3本分上がったところにあるツボ

太衝(たいしょう)

※足の甲にあり、親指の人差し指側の爪の脇から、親指の骨に沿ってなぞって指が止まるところにあるツボ

※足の冷え、血行不良に効果的なツボ

膈兪(かくゆ)

※肩甲骨の下端の高さで、背骨から指2本分外にあるツボ

※筋肉が盛り上がっている辺り

※胃腸の調子を整えたり、自律神経を整えたりする効果もあるツボ

三陰交(さんいんこう)

※内くるぶしの頂点から指幅4本分上がったところにあるツボ

※女性の健康維持・増進に欠かせない大切なツボ

※「婦人の三里」といわれているツボ

※冷え性あるいは更年期障害に効果があるツボ

この他に「ひろのば体操」もおススメです。

ひろのば体操はこちらの記事でどうぞ

⇒■ひろのば体操 

まとめ

タマネギで血液がサラサラになるというのはよくいわれていますよね。

たまねぎ氷健康法とかもありますし・・・

血液の循環が悪くなると冷えに悩まされたり、便秘や肩こり、肌荒れなど、いろいろな問題を引き起こします。

それがシミやシワの原因になっていると、いくらスキンケアをがんばっても、なかなか効果が出ません。

バランスの良い食事を心がけて、できるだけ規則正しい生活にするのが望ましいですね。

仕事柄、不規則になってしまう人もいると思いますが、ひとつでもできることから始めたほうがいいですね。

スポンサードリンク