介護をしている自宅の臭いで気が滅入る|即効で消す消臭スプレー

自宅で寝たきりの家族の介護をしていると、尿や便の臭いが衣類だけでなく、布団や部屋全体にこもったように臭い、憂鬱になることもありますよね。

不快な臭いは介護をしている人にとってもされている人にとっても、できるだけ解消したいものです。

臭いを消してくれる効果の高い消臭スプレーやお洗濯の方法やおしりふきなどについても紹介したいと思います。

スポンサードリンク



介護を自宅でしていると臭いが染みついて困る

介護の臭い06 - コピー

自分を用を足せるならいいのですが、寝たきりでトイレにもいけないようになると大人用オムツを使うようになりますよね。

もしくは少し動ける場合は寝室に簡易トイレを用意したり・・・・

それでも間に合わずに尿失禁や便失禁をするようになると、なかなか部屋の臭いがとれなくなりますよね。

通常の芳香剤や消臭スプレーではアンモニア臭などが消えないために、ちょっと憂鬱になることも・・・

尿などは時間が経つとよけいに強く臭うようになりますからね。

リハビリパンツとか尿とりパッド、大人用オムツなどでも、尿が漏れなければ問題ないですけど、漏れると衣類を始め、部屋のあちこちに臭いが染みこんでしまうんですよね。

できるだけ換気などに注意しても、臭いが残ることが・・・

そんなアンモニアを中心にした臭い対策に便利と言われているのが急速イオンスプレー「ヌーラNULLA」です。

一応、衣類用となっていますが、さまざまな種類の臭いに効果があります。

ヌーラはアンモニア臭はもちろん、ワキガや加齢臭、汗や足臭などにも効果のある消臭スプレーなんですね。

ヌーラ自体は無香料で水のようにサラサラしています。

下着や衣類、寝具にスプレーしておくと臭わなくなるのは助かりますよね。

下着のように直接肌に触れるものはよく乾かしてから着用した方がいいです。

ただ、ヌーラにはエタノール(アルコール)成分が含まれているため、アルコールアレルギーがある人は注意が必要です。

ヌーラの成分はエタノール・精製水・液状イオン交換体で出来ています。

液状イオン交換体はブドウ糖由来の天然成分で構成され安全性の高い液体です。

それでも本当に効果があるか、心配ですよね。

でも、初回限定ですが、今なら消臭実験セットのキャンペーンが行われていて、アンモニアスプレーが入っているのでそれを使って消臭できるか実験して自分で確かめることができます。

実験セットで試して効果がないなって思った時は全額返金保証がありますから安心ですね。

累計販売200,000本を突破しているくらい、人気の消臭スプレーですから満足している人は多いと思いますが・・・

介護やさまざまな体臭の消臭だけでなく、車の中の困った臭いにも効果大です。



他にも家庭用の消臭剤の60倍の消臭力を持ち、皮膚についても大丈夫で病院やホテルで使用されているミラクリーンRなどもあります。

ミラクリーンR 業務用消臭剤 本体 500ml/ミラクリーン/消臭スプレー/送料無料ミラクリーンR 業…

スポンサードリンク

介護中の洗濯や対策

介護の臭い03 - コピー

介護をしている時はけっこう洗濯物も多くなりますよね。

とくに尿漏れなどがあった時など、シーツとかいろいろ・・・・

お布団などは洗えないものがほとんどですから、事前に対策をしておいたほうがいいですね。

敷き布団にはおねしょシーツをかぶせ、さらに使い捨て吸水シーツを使うと活躍しますね。

体液や汚物のついた布製のシーツは他のものと一緒に洗えませんから、たらいなどで水洗いして流してから、汚れが酷い部分を固形石けんなどで洗い、しばらくつけておいてから洗濯機で洗濯したほうが落ちます。

固形石けんは暁・固形石けんローブやウタマロなどを使う人が多いです。

暁のはアマゾンで、ウタマロは楽天でも購入できます。

⇒■固形石けん ローブ 150g

⇒■★ウタマロ 楽天★

介護の臭い02 - コピー

自治体によっても違いがあると思いますが、要介護3・4・5に認定された高齢者を自宅で介護している家族に介護用品の購入代金の一部を助成する制度があります。

紙おむつや尿取りパッド、使い捨て手袋や介護用防水シーツなどが対象商品となっていることが多いですね。

ただ、おしりふきなども大人用でなく赤ちゃん用を使うと介護用品購入補助の対象から外れてしまうことがあるので、補助を受ける時にきちんと確認した方がいいですね。

介護でおしりふきは何を使う?

介護の臭い04 - コピー

便失禁をしたあと、コストはかかっても使い捨ての「おしりふき」を使う人が多いと思います。

おしりふきもいろいろあって、小さめのサイズから大きめのサイズ、トイレに流せるものと流せないものとがあります。

介護用品購入補助を受けている場合は大人用のおしりふきを使用しないと、対象商品から外れて補助が受けられないこともあるので注意が必要です。

家族の下の世話でも、便の場合は布だと介護している人も大変ですから、どうしても使い捨てのおしりふきを使うことが多くなります。

メーカー品ではなく、100均のダイソーやキャンドゥなどでもおしりふきが売っていて、けっこう使えるのでそういうのを利用する人もいます。

メーカー品と100均のを状況によって使い分けている人もいます。

便の汚れをあらかじめトイレットペーパーなどで取り去ってから、おしりふきを使います。

でも、自宅で介護をしている場合、トイレまで連れて行って便のあとの処理をすることもあると思いますが(歩ける場合などで)冬場のトイレは寒いですよね。

トイレにもヒーターを入れたりしている家庭もあるかもしれませんが、そういうものがないと冬のトイレはかなり寒いです。

そこで冷たいおしりふきを使うのは介護されている人にとってもいいとはいえないので、冬場はできるだけおしりふきを使う前に1分程度、レンジで温めてから使うといいですよ。

紙おむつについた便はトイレに流し、汚れた部分を内側にして丸め、新聞紙に包んでからゴミ用のポリ袋に入れて口をしっかり縛ると臭いがおさえられます。

尿とりパッドや使い捨ての吸水シーツなども新聞紙に包んでから同じように処理します。



まとめ

介護の臭い05 - コピー

自宅で介護をするのは大変ですよね。

とくに認知症になっている場合は、排泄したものをタンスにしまったりすることもありますよね。

入浴サービスもひんぱんには受けられないので、清拭(身体を拭く)もしなければなりません。

お湯をけっこう使う機会が多いと思いますが、電気ポットのお湯くらいではすぐなくなってしまうので、ウォーターサーバーなどを利用する人も増えています。

宅配水と聞くとかなりランニングコストがかかると思ってしまいますが、けっこう2本くらいのプランだと思ったほどかからないものもありますし、お湯を沸かしたりする手間やストレスから開放されるので気持ちにもゆとりが生まれるという人も多いですね。

⇒■コスモウォーター

スポンサードリンク