お台場レインボー花火2015をレストランや屋形船から楽しむ

夏の花火は打ち上げる発数も多いですし、時間も長いですけど、冬の花火でお台場レインボー花火は4日間いずれも短い時間で終了してしまうので、寒い外で見るよりも暖かいレストランの中や屋形船から楽しむのもいいですよ。

花火がよく見えるレストランや、お台場レインボー花火プランの屋形船などがありますので、食事を楽しみながら花火を見るのもいいですよ。

スポンサードリンク


お台場レインボー花火 2015 開催日程

お台場レインボー花火02 - コピー

お台場レインボー花火はお台場海浜公園“自由の女神像”沖より打ち上げられます。

花火だけではなくイルミネーションも楽しめますよ。

お台場のレインボー花火がよく見えるレストランや屋形船から花火とイルミネーションをゆっくり楽しむという方法もあります。

【お台場レインボー花火 2015 】

開催日程

◎ 2015年(平成27年)12月5日・12日・19日・26日(すべて土曜日)

※全4回 荒天中止

開催時間

◎ 19:00から10分間

打ち上げ場所

◎ お台場海浜公園 鳥の島沖

打ち上げ方法

◎ 台船より打ち上げ

打ち上げ発数

◎ 各日約1,800発(予定)

観覧場所

◎ 臨海副都心(お台場地区)一帯

※特設観覧席なし

問い合わせ

◎ お台場レインボー花火実行委員会

TEL:03-5564-1202

⇒■★お台場周辺観光 楽天たびノート★

スポンサードリンク

お台場レインボー花火をレストランから見る

お台場レインボー花火デックス東京ビーチ - コピー

お台場には「デックス東京ビーチ」や「ヒルトン東京お台場(ホテル日航東京)」などのレストランから花火が見えるものもあります。

シーサイド側であれば花火を楽しむことが出来るんですよね。

花火の見えるお席があるレストランは、「OCEAN CLUB BUFFET」「LA SALSA、ANCHORS」「旬の肴とてっぱん料理 がぜん」「1129 by Ogawa」「太陽樓」「和幸」「築地玉寿司」「カフェグリル ビッグシェフ」「トラットリア マルーモ」「カザーナ」などですね。

ただ開催されるのが12月の土曜日ですから、早めに予約しないといけない場合があるかもしれません。

「ヒルトン東京お台場」では「オーシャン ダイニング」や「コンチネンタルレストラン『テラスオン・ザ・ベイ』」「ベランダ」などから楽しむことができます。

また、お台場ではなく竹芝のインターコンチネンタル東京ベイからも花火を楽しむことができます。

「マンハッタン」もいいですし、「シェフズ ライブ キッチン」で「夜景が見えるダブルペアシート確約カップルプラン」を申し込むという方法も・・・・

電話で早めの予約をした方がいいですね。

ディナーを楽しみながら、花火とイルミネーションの両方が楽しめますので、デートなどには最適ですね。

お酒を楽しむなら車ではなく公共の交通機関を利用したほうがいいですね。

【アクセス】

◎ 新交通ゆりかもめ「お台場海浜公園」駅

◎「台場」駅

◎ りんかい線「東京テレポート」駅

お台場レインボー花火を屋形船から楽しむ

お台場レインボー花火03 - コピー

お台場レインボー花火04 - コピー

夏の隅田川花火大会などの時は特別プランで屋形船も高いですが、冬の屋形船は通常料金で乗ることができます。

だいたい10,000円ちょっとというくらいのプランで乗ることができます。

熱々のおでんやお刺身、天ぷらなどを食べながら、近くで花火を見ることができますよ。

屋形船はドリンクは飲み放題の船が多いですね。

花火が行われる日は土曜日ですから、貸し切りにする場合は15名以上になります。

忘年会をかねてやる場合などにはいいですね。

乗り合いの場合は2名から受け付けが多いです。

水面に映る光の美しさと天空に舞う花火の両方が楽しめますね。

屋形船にはきちんとトイレもついているので安心です。

屋形船には一人からでも乗船できるプランが「はとバス」から出ていますが、残念ながら出発が17:30なので花火が終了してからになります。

夜景を楽しむだけでいいなら「はとバスプラン」を利用してもいいですね。

料金は1名 11,800円ですね。

これは税込み・飲み放題・佃煮おみやげ付きで、所要時間は3時間(うち屋形船乗船は 2時間)です。

まとめ

お台場レインボー花火は冬の花火であることと、4日間あること、時間が短いこともあって思ったほどは混雑しないと思います。

それでも天気が良ければ人出は多くなりますが・・・

レストランではなく、ホテルに泊まって花火が見える部屋を予約しておくという方法でもいいですよね。

ヒルトン東京お台場などのホテルやインターコンチネンタル東京ベイの花火が見える部屋から楽しむ場合はレストランや屋形船と同様、はやめの予約が必須ですね。

スポンサードリンク