三崎まぐろ祭年末ビッグセール2015美味しいまぐろグルメも!

三崎といえばやっぱり「まぐろ」ですよね。

三崎港では朝市なども開かれていますが、年末は三崎まぐろ祭が開催されます。

まぐろはもちろん、ホタテや海老・カニ・イカ・タコをはじめ、数の子やいくらなどの海産物の他に、三浦大根などの野菜や生花、お正月用品も産地出荷価格で販売されますよ。

刺身用のまぐろは持ち帰り用にして、いろいろなまぐろグルメを味わってみるのも楽しいですよ。

スポンサードリンク



三崎まぐろ祭 年末ビッグセール 2015

三崎まぐろ祭02 - コピー

三崎の毎年恒例の「三崎まぐろ祭 年末ビッグセール」が今年も開催されます。

まぐろ祭り期間中は「初夢富くじ」も!

これは開催中、会場内で2,000円以上の買物をしてアンケートに答えて応募すると、抽選で60kg級の大メバチマグロやホテルの宿泊券が当たります。

当選者の発表は正月明けの朝市会場で行われますよ。

【三崎まぐろ祭 年末ビッグセール 2015】

開催日程

◎ 2015年(平成27年)12月28日(月)~30日(水)※予定

開催時間

◎ 8:30~16:30

入場料

◎ 無料

会場

◎ 三崎水産物地方卸売市場周辺(まぐろ直販センター・朝市会場・産直センターうらり)

問い合わせ

◎ 三崎年末ビッグセール実行委員会

TEL:046-881-4688

スポンサードリンク

三崎まぐろ祭り まぐろグルメ 美味しい食べ物

三崎まぐろ祭03 - コピー

まぐろは冷凍されているので大きい場合は適当な大きさにカットしてもらえます。

友人などと分け合う時もカットしてもらえるのでいいですよね。

ここでは「まぐろの目玉」も売っています。

1個100円~200円です。

甘辛く煮物にして食べると美味しいですよ。

まぐろ祭の会場にはいろいろな食物が販売されていますが、まぐろを使ったものが多いですね。

◆まぐろの串カツ(200円くらい)

◆まぐろのコロッケ(100円くらい)

◆まぐろのかき揚げ(1パックで400円くらい)

まぐろのかき揚げは冷めても美味しいと評判です。

「産直センターうらり」ではみさきまぐろ倶楽部の「とろまん(250円くらい)」が有名です。

これは全国初のまぐろ饅頭です。

三崎まぐろにとれたての野菜をミックスして、横浜中華街秘伝の皮で包んだご当地名物なんですね。

他にも「まぐろぶっかけ丼」やまぐろの角煮入りの「三崎港まぐろ トロちまき」、「まぐろ天ぷらそば」なども味わえますよ。

三崎港付近には美味しいまぐろを食べられるお店がたくさんあります。

回転寿司とは思えないほど豊富なネタと抜群の鮮度は魚屋直営ならではの「さん和」とか「くろば亭本店」では煮魚が美味しいと評判ですね。

三崎まぐろ祭04 - コピー

電車を利用して三崎港まで行くなら、お得切符を利用するといいですよ。

京急の主要駅である品川とか川崎とか横浜など、それぞれの出発地に分けて「みさきまぐろきっぷ」が発売されています。

きっぷの料金には「電車&バス乗車券」+「みさきまぐろきっぷ限定 選べるまぐろ食事券」+「選べるレジャー施設利用権」がセットになっています。

ちなみに品川からは3,060円・横浜からは2,960円です。

お得なきっぷを利用して楽しむ方法はこちら↓

⇒■お得切符を利用して日帰り旅行を楽しもう!食事や買物がセット切符も  

三崎まぐろ祭へのアクセス

三崎まぐろ祭05 - コピー

【電車利用】

三崎港は京浜急行線(京急)の三崎口駅が最寄り駅になります。

◎ タクシー利用

三崎口駅からタクシーを利用する場合はだいたい15分程度で料金は通常2,000円前後です。

◎ バス利用

三崎口駅まで行って、そこからバスに乗って三崎港まで行きます。

バスは京急バスを利用します。

「三崎口駅」バス停から京急バス(2番乗り場)

「三崎港行き」

「城ヶ島行き」

「通り矢行き」

「浜諸磯」行き 乗車

「三崎港バス停」で下車します。

バス停からは徒歩約5分です。

※「三崎東岡」行きは、「三崎港」バス停の1つ手前で終点なので、これに乗ってしまうと会場まで約15分ほど歩くことになります。

三崎口駅から三崎港までは距離約5.8kmで、三崎口→三崎港までの所要時間は約15~20分です。

運賃

◎ 現金 300円  IC 299円

⇒■三崎口駅から三崎港までのダイヤ情報 

【車利用】

◎ 「横浜横須賀道路」で「衣笠インター」下車

◎ 料金所を過ぎて、直進し「三浦縦貫道」を利用

※三浦縦貫道をご使用にならない場合は、国道134号線を「三崎」方面へ

◎ 「三浦縦貫道」を抜け、国道134号線「三崎」方面へ直進

◎ 「三崎港」の信号(Y字路)を右折し、「岬陽館」を過ぎてすぐ左折(目の前が市場)

◎ 約70メートル位先の右側が「朝市会場」

電車とバスを利用するなら「みさきまぐろきっぷ」がオススメです。

でも乗り換えが面倒っていう人はバスツアーもありますよ。

購入したものを家まで持ち歩かなくてもバスに載せておけばいいし、江ノ島のイルミネーションも見られるツアーになっています。

都内からだと「池袋&新宿発」はクラブツーリズムのホームページの左上の方にコース番号を入力するところがありますから、そこに「 JK608-945 」と 入力して検索すると

『三崎まぐろ祭り・年末ビッグセール 湘南の宝石・江の島イルミネーション&ウィンターチューリップ』

というバスツアーが表示されます。

コース№がJK609だと 上野・東京 出発 のコースになります。

まとめ

三崎まぐろ祭は約5万人もの人で賑わいます。

三崎のまぐろは年末ビッグセールで、だいたい市価の2割引きから店によっては4割引きくらいで買えることもあるそうです。

本来は8:30からなのですが、お客さんのほうが朝市と勘違いして5時位から来るので、年々開ける時間が早くなってしまったようです。

ですから午前中に行かないと売り切れになってしまうこともあるようですから早めに行ったほうがいいですね。

スポンサードリンク