はむら花と水のまつり2016後期チューリップまつりと羽村春祭り

「はむら花と水のまつり」の後期は「チューリップまつり」です。

64品種・約40万球のチューリップの球根が色鮮やかに咲いて楽しませてくれます。

前期は「桜まつり」でしたが後期は「チューリップまつり」です。期間中に羽村春祭りも開催されます。

スポンサードリンク


はむら花と水のまつり 2016 後期 チューリップまつり

はむらチューリップまつり02 - コピー

「はむら花と水のまつり」の後半「チューリップまつり」は羽村堰(はむらぜき)から上流に向かって多摩川沿いを5分ほど歩くと、見事な風景が広がって見えます。

チューリップまつりの期間中は模擬店も出ますし、展望台も設置されます。

模擬店は「踊子草公園」に、展望台はその地殻に設置されます。

【はむら花と水のまつり 2016 チューリップまつり】

◆開催日程

◎ 2016年(平成28年)4月8日(金)~4月24日(日)

◆開催場所

◎ 根がらみ前水田

※羽村市内唯一の水田の裏作を利用

◆二連水車(展示と運転)

◎ 観光協会会員手作りの二連水車の展示・運転

◆はむら応援隊長「リフレンズ」とはむりん来場

◎ 2016年4月8日(金)

13:00~15:00

◆こいのぼり飾り

◎ 2016年4月16日(土)・17日(日)

◆問い合わせ

◎ 羽村市観光協会

TEL:042-555-9667

【観光案内所】

羽村駅西口に観光案内所が設置されます。

羽村市観光協会の会員が常駐しますから、市内観光スポットの案内などを聞く時に便利ですよ。

羽村市のおみやげ(水はむらや絵はがきなど)や「はむりんグッズ」の販売なども行われます。

おみやげの販売などは「チューリップまつり」の最終日4月24日(日)までとなっています。

◆期間 

◎ 2016年(平成28年)3月25日(金)~ 5月31日(火)

◆利用できる時間

◎ 3月25日(金)~ 4月10日(日)

9:00~17:00

◎ 4月11日(月)~ 4月24日(日)

9:00~16:00

◎ 4月25日(月)~ 5月31日(火)

9:00~12:00

スポンサードリンク

羽村春祭り 2016

はむらチューリップまつり03 - コピー

「チューリップまつり」の期間中に「羽村春祭り」も開催されます。

各町より神輿や山車が繰り出され、桜が咲く多摩川の羽村堰を渡ります。

【羽村春祭り 2016】

◆宵祭り

◎ 2016年4月9日(土)

◆本祭り

◎ 2016年4月10日(日)

◆山車の曳き合わせ

◎ 2016年4月9日(土)

15:00頃~

◎ 会場

羽村駅西口

◆八雲神社 神輿の川入れ

◎ 2016年4月10日(日)

12:00~

※時間がずれる場合あり

◎ 会場

羽村堰下

チューリップ会場へのアクセス

はむらチューリップまつり04 - コピー

◆徒歩

◎ 最寄り駅 青梅線 羽村駅

羽村駅西口よりチューリップ会場まで約20分

★羽村駅西口→直進して奥多摩街道まで進む→

奥多摩街道を右折→郵便局の先の信号を左折→

さらに直進→チューリップ会場

◆コミュニティバス はむらん(休日)

◎ チューリップまつり開催期間中の土・日は、奥多摩街道間坂交差点からいこいの里の区間が運休

奥多摩街道沿いの玉川神社西側に臨時バス停を設置

◆コミュニティバス はむらん(平日)

◎ 羽村駅西口・小作駅西口

一峰院バス停で下車

◆電車 JR青梅線「ホリデー快速おくたま号」

◎ JR中央線快速「ホリデー快速おくたま号」(奥多摩行き・東京行き)が、羽村駅に臨時停車

◎ 停車する日

4月9日(土)・10日(日)・16(土)・17日(日)・23日(土)・24日(日)

◆駐車場

車を利用の場合の駐車場は「宮ノ下運動公園グラウンド駐車場」になります。

◎ 環境整備費として「1台 500円」かかります。

「チューリップまつり」期間中は混雑しますから、できるだけ公共の交通機関を利用した方がいいですね。

羽村駅は立川からの青梅線で

「立川」→「西立川」→「東中神」→「中神」→「昭島」→「拝島」→「牛浜」→「福生」→「羽村」

となります。

「立川」から「羽村」まで約30分ですね。

料金は「立川」から「羽村」までは切符で「220円」ICで「216円」です。

まとめ

羽村取水堰第一水門上の通行が今年も可能となっています。4月は9日(土)・10日の10:00~16:00までです。

立ち止まらないで通行しましょう。

玉川上水沿いや羽村堰周辺の桜は今が見頃ですね。

スポンサードリンク