撥水スプレーを使って上手に傘や靴をキレイで長持ちさせるには?

ちょっと高かったお気に入りの傘などは、できるだけ長く愛用したいですよね。

とくに布製のおしゃれな傘などはお手入れによって使用できる期間が変わってきます。

月日を重ねると使用頻度が少なくても撥水効果が落ちてきますので「撥水スプレー」をうまく使ってできるだけ長く使えるようにしたいですね。
撥水スプレーは傘や靴、衣類にも使える便利なスプレーですが、選び方や使い方によって効果がなくなる場合もあるので注意が必要です。

スポンサードリンク



撥水スプレーを傘に使う場合

撥水スプレー02 - コピー

【撥水スプレー?防水スプレー】

市販されている商品名に「撥水スプレー」となっているものと「防水スプレー」となっているものがありますよね。

どちらにしようか迷うこともあると思いますが、「撥水スプレー」は水をはじく効果を与えて、「防水スプレー」は完全に防水できるものだと思っていませんか?

じつはどちらも撥水効果しかありません。

防水は水も空気も通しませんが、それはあとからスプレーで溶剤を吹きかけてできるものではありません。

撥水は適度に吸湿性が残りますが、「シリコン系」と「フッ素系」があり、「シリコン系」のほうが撥水効果が強力ですが蒸れやすくなります。

ですから「シリコン系」は傘などには向いています。

撥水スプレーを傘に使う場合はビニール傘には効果ないので「ポリエステル」か「ナイロン」、もしくは布製の傘に使います。

できれば購入して、使う前に撥水スプレーをかけて乾かしておくといいですよ。

撥水スプレーを使う場合は屋外の換気の良い場所で使います。

使う商品によってはニオイがきついものもあります。

対象物(傘など)から30cmくらい離したところから、まんべんなく均一になるようにスプレーします。

液だれが起きるほど吹き付けたり、近くで吹き付けるとムラになりやすいので注意しましょう。

1ヶ所に吹き付けすぎてダマのようになっても修正できないの気をつけてください。

撥水スプレーをかけたら陰干しにします。

乾くまでの時間は商品によって異なりますが、一晩おくくらい時間をかけたほうが良い物もあります。

新品ではなく、すでに使用したものに関してはスプレー前に汚れを落としておきましょう。

汚れが残っていると、その汚れも固めてしまって落ちなくなりますよ。

スポンサードリンク

撥水スプレーを靴に使う場合

撥水スプレー03 - コピー

真っ白なスニーカーは雨の日厳禁!

といわれていますが、晴れていても白いスニーカーは汚れやすいですよね。

ですから出来るだけ汚れから守る意味も含めて、撥水スプレーを使用すると効果が期待できます。

ただし、使用する撥水スプレーの商品の説明書をよく読んでからつかったほうがいいですね。

撥水スプレーの種類によっては、生地面がゴワゴワになるものもあります。

布製品の靴に使用する場合は衣類に使えるタイプの撥水スプレーを使いましょう。

革靴に関してはコロニルのウォーターストップスプレーなどが人気です。

【送料無料】『collonil コロニル ウォーターストップスプレー 200ml』【あす楽対応_近畿】【smtb-k】

撥水効果や防汚効果だけでなく、皮革にツヤが出るので評判ですね。

このウォーターストップスプレーは皮革に浸透するタイプなので革の呼吸を損なわないので皮革が傷みにくいタイプです。

同じコロニルのナノプロはヌメ革や羊革には使用できませんが、起毛皮革(スウェード・ヌバック等)にも使えます。

コロニル ナノプロ カラーレス 300ml【楽天24】[コロニル 防水スプレー]

さらに革製品だけでなく、ゴアテックスのような化学繊維、コットンやキャンバス地などにも使用できるので幅広く使えますね。

コロニルのナノプロはナイロンなどのビジネスバッグにノートPCやタブレットなどの精密機器を入れている場合はスプレーしておくといいですよ。

革製品などで撥水スプレーを使用する場合、まれに色ジミになることもあります。

また、バッグや靴などの金具には吹きつけないように注意し、もしスプレー液がついてしまった場合はすぐに布などで拭き取りましょう。

革靴などにスプレーすると直後は色が濃くなりますが、乾くと元に戻ります。

登山靴なども購入したらすぐにスプレーしておくと汚れもつきにくく、撥水性も上がるので効果的です。

コロニルはちょっと価格が高めですが、持続効果が長いと評判ですね。

靴屋さんなどでオススメが多いのが「防水スプレー アメダス」です。

アメダス 防水スプレー 420mlあす楽対応 送料無料 大容量 防水 保護 スプレー 皮革 革 靴 雨 雪 手入れ メンテナンス【あす楽】【D】【SS】

また超強力の撥水効果で人気なのが「ドライバリア365」ですね。

価格はかなりお高めですが、その効果でリピする人が多い撥水スプレーです。

作業着に使用したり、お子さんの靴や傘、さらには上履きにも使用している人も・・・

ドライバリア365 [送料無料&ポイント10倍] 撥水スプレー 防水スプレー 単品 ドライバリア 撥水スプレー ドライバリアー はっ水スプレー シューズ ブーツ はっ水 撥水 防水 防汚 撥油 カーペット コーティング クリーナー はっ水 日テレ ポシュレ テレビ 05P27May16

靴にかぎらず傘も衣類も、一度撥水スプレーを使ったら終わり・・・ではなく、定期的に使うことが長持ちさせるコツです。

撥水スプレーを衣類に使う場合

撥水スプレー04 - コピー

衣類用の撥水スプレーは「フッ素系」です。

帽子やレインコートなどにも撥水スプレーをしておくと雨をはじいてくれるので便利です。

衣類なども新品以外に使う場合は、あらかじめ洗濯などして汚れを落としておきましょう。

ペットを飼っている家などはソファなど新しいうちに撥水スプレーをかけておくと汚れ防止になりますよ。

超強力な撥水スプレーではなくて、普通に使えるものがほしいなら布用の撥水スプレーに3Mの「スコッチガード」という製品があります。

スコッチガード 衣類・布用(345mL)【スコッチガード】[防水剤]

ちょっと水をはじく程度なら「レインガード」と「スコッチガード」の効果は変わりませんが、スコッチガードのほうがたくさん使えてお買い得です。

「スコッチガード」はかなり昔からある撥水スプレーです。

衣類に使う場合でも、全体に必要な物もありますが、雨の日用にズボンの下の方の部分や食事で食べ物のハネなどで汚れやすいネクタイなどにもスプレーしておくといいですよ。

高級なネクタイ等はネクタイをしめた時に隠れる部分などで少量試してからのほうがいいかもしれませんが・・・

エプロンなども洗い物をする時に当たる、お腹の部分って汚れますよね。

その部分とかもスプレーしておくと汚れ防止にいいですよ。

テーブルクロスやランチョンマットなども撥水スプレーをしておくと、ソースやしょう油などの調味料のシミなどがつかずにすぐ拭き取れるので便利です。

撥水効果も商品によってかなり差がでますが、効果が高いものはやはり価格も高くなりますね。

どのくらいの効果を期待しているのかによって、その価格が高いかお買い得なのか、変わってくると思います。

クリーニング店などでの撥水加工のほうが効果が高いことが多いのですが、気軽に使える撥水スプレーはやはり便利ですよね。

まとめ

撥水スプレー(防水スプレー)は一度でたくさん吹きつけるよりも、薄く全体に吹きつけて乾かし、また同じようにと、2回~3回重ねたほうが効果が高いです。

ただ、面倒だと思う人が多いと思いますが、そのほうが撥水効果が高くなりますよ。

いろいろなものに便利に使って、お気に入りの製品を長持ちさせたいですね。

スポンサードリンク