三崎港町まつり2016大即売会やまぐろご当地グルメを味わう!

三崎港といえば、やっぱり「まぐろ」ですよね。

その三崎港で「三崎港町まつり」が開催されます。

まぐろなどの大即売会をはじめ、まぐろご当地グルメも!

まぐろ三昧が楽しめますよ。

「プレジャーボード体験クルーズ」も昨年に引き続き実施されます。

スポンサードリンク


三崎港町まつり 2016

%e4%b8%89%e5%b4%8e%e6%b8%af%e7%94%ba%e3%81%be%e3%81%a4%e3%82%8a02-%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

三浦市三崎で開催されるまぐろづくしの食のイベント「三崎港町まつり 2016」。

格安で購入できる大即売会や「三崎まぐろ食堂」のいろいろなまぐろ料理が味わえます。

三崎まぐろを使った「まぐろご当地グルメ」が楽しめます。

三崎魚市場だけでなく「城ヶ崎会場」でもイベントが開催されます。

「城ヶ崎会場」へは漁船による渡船を利用してください。

【第33回 三崎港町まつり 2016】

◆開催日程

◎ 2016年(平成28年)10月30日(日)

◆開催時間

◎ 8:00~15:30

◆入場料

◎ 無料

※ただし飲食代は別途

◆会場

◎ 三浦市三崎水産物地方卸売市場  (三浦市三崎5丁目245番地7)

◆問い合わせ

◎ 三崎港町まつり実行委員会(三浦商工会議所内)

TEL:046-881-5111

スポンサードリンク

大即売会など主なイベント

%e4%b8%89%e5%b4%8e%e6%b8%af%e7%94%ba%e3%81%be%e3%81%a4%e3%82%8a04-%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

【三崎港町まつり(三崎魚市場会場)の主なイベント】

◎ 大即売会

即売会では安く購入できるだけでなく、スーパーなどでは見かけない部位(頭身・目玉・尾の身など)や味噌漬け・粕漬けなどの加工品も販売されます。

どうやって料理していいかわからない時はお店の人に聞くと教えてもらえますよ。

冷凍まぐろも多く販売されています。

かなり遠方から行く場合は念のために保冷バッグなどを持っていくといいですね。

車なら発泡スチロールの箱も販売されていますし、自前をトランクに入れて用意していっても・・・

まぐろだけでなく新鮮な地魚・干物などの水産加工品なども販売されます。

遅い時間に行くと人気のものから売り切れていくので、早めに出かけたほうがよさそうですよ。

◎ 三崎まぐろ食堂

三崎まぐろラーメン まぐろのトロ串 まぐろの漬け丼

まぐろのトロちまき 三崎のとろまん まぐろソースかつ丼

三崎朝市名物の「まぐろぶっかけ丼」と「まぐろ汁」も人気です。

◎ まぐろが当たる大抽選会

◎ 船上ステージ

◎ まぐろの体重当てクイズ

◎ 魚のタッチングプール

お子さんが喜ぶ小さな魚に触れるタッチングプールです。

◎ 税関コーナー  

◎ フリーマーケット 

◎ 大漁旗コーナー

◎ 三崎名所めぐり 

◎ スタンプラリー

◎ にじいろさかな号特別優待乗船

◎ プレジャーボート体験クルーズ 

◎ 海の駅を巡るクルージング

【城ヶ島会場の主なイベント】

◎ 城ケ島海の幸争奪YES,NOクイズ

(城ケ島にまつわるクイズを出題 城ケ島第2駐車場14時集合)

◎ サザエのつかみ取り争奪スタンプラリーガラポン大抽選会

(風光明媚な城ケ島観光名所を回るスタンプラリー 城ケ島第2駐車場10時~15時)

三崎港町まつりへのアクセス

【三崎魚市場へのアクセス】

◆京急線「三崎口駅」下車 

2番 バスのりばから京急バス利用

「三崎港行き」「城ヶ島行き」「通り矢行き」にjに乗車(約 15~20分)

「三崎港バス停」下車 会場の三崎魚市場まで徒歩約 3~5分

都内、とくに品川から京急を利用し、京急バスを使うなら「三浦半島1DAYきっぷ(1,920円)」がお得ですよ。

⇒■三浦半島1DAYきっぷ 

◆車利用

◎ 横浜横須賀道路衣笠ICから三浦縦貫道・国道134号経由15km30分

◆駐車場

◎ あり 7:00~16:30

無料 500台

※会場から徒歩で3~4分の場所に無料駐車場が設置されます。

※当日は一部交通規制になります。

%e4%b8%89%e5%b4%8e%e6%b8%af%e7%94%ba%e3%81%be%e3%81%a4%e3%82%8a03-%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

まとめ

三崎朝市名物の「まぐろぶっかけ丼」と「まぐろ汁」は朝5:00くらいから、だいたい9:00ころには終わってしまうので、遠方からはなかなか行って食べることができませんが、こういうイベントで食べられるのはいいですよね。

家族や友達同士で行けば、いろいろなご当地まぐろグルメをシェアしながら食べられます。

スポンサードリンク