全国大陶器市2016が花菜ガーデンで開催中やきもの50万点勢揃い!

全国大陶器市は全国各地で開催されていますか、今開催中なのは神奈川県平塚にある「花菜ガーデン」です。

全国のやきものを中心に箸や漆器、金物などの他に九州のうまいものなども出店しますよ。

花菜ガーデンではオータムチューリップが見頃です。

スポンサードリンク


全国大陶器市 第2回 花菜ガーデン 2016

%e5%85%a8%e5%9b%bd%e5%a4%a7%e9%99%b6%e5%99%a8%e5%b8%82%e8%8a%b1%e8%8f%9c%e3%82%ac%e3%83%bc%e3%83%87%e3%83%b302-%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

やきもの好きにはたまらない、全国大陶器市が平塚の「花菜ガーデン」で開催中です。

雨でも大型テントなので大丈夫ですよ。

陶器市特設会場の入場は無料ですが、「花菜ガーデン」の入園は有料です。

駐車場は有料ですが、陶器市で一定金額以上購入すると普通車の駐車料金が無料になります。

【全国大陶器市 第2回 花菜ガーデン 2016】

◆開催日程

◎ 2016年(平成28年)11月19日(土)~27日(日)

※雨天決行 毎日開催

◆開催時間

◎ 10:00~17:00

※最終日の27日(日)のみ、16:00まで

◆会場

◎ 神奈川県立花と緑のふれあいセンター
「花菜ガーデン」陶器市特設会場

◆会場問い合わせ

TEL:090-3198-2164

スポンサードリンク

花菜ガーデンの特設会場

%e5%85%a8%e5%9b%bd%e5%a4%a7%e9%99%b6%e5%99%a8%e5%b8%82%e8%8a%b1%e8%8f%9c%e3%82%ac%e3%83%bc%e3%83%87%e3%83%b303-%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

花菜ガーデンの陶器市特設会場は駐車場を利用しています。

ですから、有料エリアではないので陶器市だけ行きたい人は入場料は無料です。

駐車場は有料です。

◆駐車料金

◎ 普通車:1回 500円(税込)

ただ、陶器市会場で2,000円以上買い物した場合、レシートを陶器市会場本部に持っていくと普通車の駐車料金が無料になります。

【花菜ガーデン 有料エリア】

花菜ガーデンに入園する場合は入園料がかかります。

今は色とりどりの約 13,000球・18品種の秋のチューリップが楽しめますよ。

これは球根を冷蔵処理して、この時期に咲くように調整されているそうです。

今は落葉樹の紅葉の時期ですから、紅葉とチューリプの両方が楽しめるというのも不思議な感じですよね。

花菜ガーデン内にはレストランもありますので、食事もできます。

レストランはイタリアンテイストのメニューが中心ですね。

レストランとショップは入園料金がかからない「公開エリア」にあります。

「花菜ガーデン」はシーズンにより、料金や開園時間が異なりますが、陶器市開催中(レギュラーシーズン)は以下の料金となります。

◆入園料()内は団体料金

◎ 大人(20歳~64歳):520円(420円)

◎ 中人(高校生・学生・20歳未満):300円(200円)

◎ 小人(小学生・中学生):200円(100円)

◎ シニア(65歳以上):310円(210円)

◎ 幼児(未就学児):無料

※団体は有料の入園者20名以上

花菜ガーデンのレストランやショップで買い物した金額が合計2,000円以上の場合も普通車の駐車料金が無料になります。

花菜ガーデンへのアクセス

【神奈川県立 花と緑のふれあいセンター 「花菜ガーデン」】

〒259-1215 神奈川県平塚市寺田縄496-1
TEL:0463-73-6170

◆電車利用

◎ 最寄り駅 小田急線「秦野駅」下車

北口より神奈中バス利用
1番のりば:「平塚駅(北口)行き」
71・74系統のバスに乗車(約 25分~30分)
「平塚養護学校前」下車 徒歩約 5~6分

タクシー利用:約 25分

◎ 最寄り駅 JR「平塚駅」下車

北口より神奈中バス利用
8番のりば:「秦野駅行き」
71・74・75系統のバスに乗車(約20~25分)
「平塚養護学校前」下車 徒歩約 5~6分

タクシー利用:約 20分

◆車利用

※カーナビを利用する場合で「花菜ガーデン」が表示されない場合は「平塚養護学校」で検索してください。

◎ 小田原厚木道路平塚インターチェンジより「平塚東インター入口」信号左折
2つ目「平塚花アグリ入口」信号左折

◎ 国道1号から「相模貨物駅前」信号を曲がり県道 62号線「平塚花アグリ入口」信号を右折

まとめ

毎日使うものですから食器はお気に入りのものを使いたいですよね。

べつに高級品ではなくても・・・

もちろん陶器市では花器やインテリアになる置物なども売っていますけどね。

小さなお子さんを連れて行く場合、入園料金がかからない公開エリアの「のうそう広場」にブランコ・鉄棒・滑り台がありますよ。

スポンサードリンク