相模原みんなで豆まき2017古民家園で昔ながらの豆まき体験をしよう!

相模原古民家園で「昔ながらの豆まき」イベントが開催されます。

参加は無料ですが、定員がありますので早めにお出かけください。

スポンサードリンク


相模原市古民家園「みんなで豆まき」2017

%e7%9b%b8%e6%a8%a1%e5%8e%9f%e5%8f%a4%e6%b0%91%e5%ae%b6%e5%9c%9202-%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

相模原市緑区のイメージキャラクターは「ミウル」といいます。

そのミウルと一緒に古民家園で昔ながらの豆まき体験が行われます。

珍しい茅葺屋根の庫裏で豆まきを楽しめますよ。

豆まきにはちょっと早めの1月に開催されます。

【みんなで豆まき】

◆開催日程

◎ 2017年(平成29年)1月22日(日)

◆開催時間

◎ 10:00~11:30

◆定員

◎ 40名

◆参加費

◎ 無料

※直接古民家園へ

◆会場

◎ 相模原市古民家園 緑区大島3853-8 相模川自然の村公園内

◆問い合わせ

◎ 相模原市役所 文化財保護課

TEL:042-769-8371

スポンサードリンク

相模原 古民家園

平成10年4月に相模原市大島にある「相模川自然の村公園」の中に古民家園は開園しました。

移築・復原されたのは「旧青柳寺庫裡(きゅうせいりゅうじくり)」です。

推定では江戸時代中期(18世紀初期)に建てられたとされ、神奈川県下の近世上層大形民家の間取りや構造を基本としていますが、土間の妻側にも入口を設けた「妻入り(つまいり)」の形式となっていることなどから庫裡独自の要素を保っています。

今どき、茅葺き(かやぶき)屋根の家を維持するのって難しいですよね。

「旧青柳寺庫裡」は保存状態が良い、貴重な建物となっているようです。

旧所在地は上鶴間の青柳寺内です。

規模は桁行十間半、梁間5間の木造1階建てです。

入園する場合は火気厳禁で喫煙もNGですよ。

ペット同伴も不可なので気をつけてください。

【古民家園】

◆住所

◎ 〒252-0135 緑区大島3853-8(相模川自然の村公園内)

TEL:042-760-1130

◆開館(所・園)時間

◎ 9:30~16:30

※ただし、7月・8月は17:30まで

◆休館(所・園)日

◎ 12月28日~1月3日

※その他。臨時休園の場合あり

◆入園料

◎ 無料

古民家園へのアクセス

古民家園があるのは「相模川自然の村公園」です。

上大島キャンプ場のすぐ近くになります。

◆バス利用

◎ 最寄り駅 JR横浜線・相模線・京王相模原線「橋本駅」南口より

★コミュニティバス利用

2番のりば コミュニティバス「せせらぎ号」「相模川自然の村」行(橋30)バス乗車
「相模川自然の村」下車 徒歩約 5分

所要時間:約 30分 260円

⇒■せせらぎ号運行経路図 

8時から19時まで1時間に1本、運行されています。

★神奈川中央交通バス利用

※橋本駅南口 ⇒ 上大島(終点)
乗車時間 約15分

系統番号 橋33 西橋本経由「上大島」行
系統番号 橋36 六地蔵経由「上大島」行
「上大島」バス停下車 徒歩15分

◆車利用

県道48号鍛冶谷相模原線「相模川自然の村入り口」信号を曲がって1.5km

◆駐車場

お花見の時期や夏休み以外はほとんど駐車できると思います。

⇒■関連記事 上大島キャンプ場で桜を見ながらバーベキュー|アクセス情報も  

まとめ

バス利用の場合、「上大島」の停留所から歩く場合は下り坂となりますが、帰りは上り坂なのでコミュニティバスの時間を確認しておいて利用したほうが楽ですよ。

車で行く場合はキャンプ受付の脇にある駐車場を利用したほうが歩く距離が少ないです。

スポンサードリンク