静電気デトックスで不調を改善!静電気を除去して帯電体質にサヨナラ

冬になるととくに帯電体質の人は静電気で悩まされることが多くなりますよね。

ドアノブや他に人に触れた途端にバチッ・・・となると痛いですし、何より体にもよくありません。

体にたまった静電気をデトックスして元気に過ごしたいですね。

スポンサードリンク



静電気が原因で起きる「帯電障害」

%e9%9d%99%e9%9b%bb%e6%b0%97%e3%83%87%e3%83%88%e3%83%83%e3%82%af%e3%82%b902-%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

冬は乾燥する時期でもありますし、気温も低いですよね。

静電気は「湿度20%以下」「温度20℃以下」で起こりやすくなるそうです。

とくに体に静電気をためやすく、自然放電がうまくできない人は体にも悪い影響が出てきます。

体内の帯電量を測って高い人は、体に不調を抱えている人が少なくないようですね。

体内静電気が原因で起こる状態を「血流は“静電気デトックス”でよみがえる」の著者である西谷雅史(にしやまさし)先生は「帯電障害」と名付けたようです。

体内に静電気がたくさんたまると交感神経が過剰に刺激されて、血流障害や筋肉の緊張をもたらします。

帯電体質の人は健康に悪影響が出ていることが多いといえますね。

電磁波に敏感な人も出来るだけ静電気をデトックスした方がいいといえます。

◆静電気が原因で起きる体調不良

・疲れが取れない

・肩こり

・冷え性

・頭痛

・めまい

・ドライアイ

・胃腸が悪い

・免疫力の低下

・ドロドロ血液(血流障害)

・カルシウムやビタミンCの流出

など

あまり汗をかかない人なども帯電体質になりやすいそうです。

体にためた静電気は積極的に放電したほうがいいですね。

スポンサードリンク

静電気をデトックスする方法

%e9%9d%99%e9%9b%bb%e6%b0%97%e3%83%87%e3%83%88%e3%83%83%e3%82%af%e3%82%b903-%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

【簡単に静電気をデトックスする方法】

静電気をデトックスさせる方法で簡単なのは「自然に触れる」ことです。

今の時代はキレイで便利になっていますが、道路もあちこち舗装されていますし、自然と切り離された生活をしている人も少なくないですよね。
家電製品も増えて、ますます静電気の影響を受けやすい生活になっています。

できるだけ自然と触れ合うことを優先するといいですよ。

毎日、短時間でもいいので継続して静電気を抜いていくと体調にもよい効果が期待できます。

◆芝生の上に座る・素足で歩く

◆素足で砂浜を歩く(とくにぬれた砂浜は体内静電気が抜けやすいそうです)
※手を触れてもOK

◆庭や畑の土いじりをする

◆素足で土の上に立つ

◆大きな木に触れる

◆森林浴をする

◆室内に観葉植物を置く
※できれば丸い形の葉のものがおすすめ

◆塩をひとつまみ入れた水を飲む
※塩分のとりすぎには注意が必要

ガーデニングが出来る人はいいですが、お家に庭がない場合などは公園などを利用しましょう。

公園などでも芝生があるところなどがありますよね。

冬は素足になるのがちょっと厳しいようでしたら、手を芝生につけて手から静電気を抜けばいいですよ。

静電気除去グッズ

 

%e9%9d%99%e9%9b%bb%e6%b0%97%e3%83%87%e3%83%88%e3%83%83%e3%82%af%e3%82%b904-%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

なかなか自然と触れ合う機会が持てない場合、静電気除去グッズなども利用するといいですね。

ため込んだ静電気を放電してくれるグッズがいろいろ発売されています。

とくに冬場に静電気でバチッとなる人は、そういうグッズを使ってみるのも対策の一つになりますね。

◆キーホルダータイプ

◆静電気軽減シート

◆ブレスレットタイプ

まとめ

静電気が体内にたまると良くない影響がたくさん出てきます。

北枕で寝るといいという方法もあるようですが、抵抗感がある人も多そうですね・・・

今はかなり山奥でも道が舗装されているところが多いですし、なかなか自然と触れ合う機会がないですから積極的に自然と親しむようにしたいですね。

スポンサードリンク