目黒川お花見クルーズ2017桜の人気スポットを水上から楽しむ!

目黒川の川沿いに広がる桜並木は都内でも人気のお花見名所のひとつです。

近年人気がさらに高まり、多くの人でにぎわうエリアを水上からゆっくり楽しむことができます。

スポンサードリンク



目黒川お花見クルーズ 2017

目黒区大橋から下目黒にかけて、約 4kmにわたり桜並木が続きます。

桜の開花時期には多くの花見客でにぎわうエリアですね。

目黒川にかぶさるように両側から桜の枝が伸び、満開時には花びらの絨毯のような水面「花いかだ」が見られますよ。

乗合クルーズなので、一人からでも乗船できます。

船内での飲み物や料理のサービスはありません。

小雨の場合は決行しますから、レインコートなどの雨具を持参してくださいね。

夜桜を楽しみたい人は夜のコースを予約するといいですね。

【目黒川お花見クルーズ 2017】

◆運航期間

◎ 2017年(平成29年)3月23日(木)~4月12日(水)

※運航の便の時間については予約サイトで確認してください。
日にちによってかなり違いますので・・・
※小雨決行 荒天中止

◆運航所要時間

◎ 約 70分(昨年より10分延長)

◆出港場所

◎ 品川「天王州ヤマツピア」

◆予約形態

◎ 乗合クルーズ
※乗船10分前までに集合

◆最大乗船人数

◎ 40名

◆問い合わせ

◎ 株式会社ジール

TEL:03-3454-0432

スポンサードリンク




お得な事前予約

◆航行コース

「天王洲ヤマツピア桟橋」~「目黒川水門」~「荏原神社」~
「大崎」~「五反田」~「(目黒雅叙園前※下記ご注意事項参照)」~「天王洲ヤマツピア桟橋」

※目黒川河川工事の関係で、目黒雅叙園まで行けない場合あり
当日の目黒川の工事の状況を船長が判断し運航
近年、異常潮位が多く見受けられ、 潮位の関係で目黒雅叙園まで行けない場合もあり

「天王洲ヤマツピア桟橋」から目黒側水門「品川くじらの水門」を超えて進みます。

◆利用料金「早期予約割引!(予約後3日以内に要事前振込確認)」

★乗船料(税込)

◎ 大人:3,900円 小人:2,900円(4~12歳まで)
※4歳未満の乳幼児は同伴の大人1名に対し1名は無料
ただし、乗船予約時に申し出必要
※2人目以上は小人料金適用

◎ 当日支払い

大人:4,500円 小人:4,000円

予約はインターネットでの予約となります。

申し込んでから土日祝日を除いて3日以内に入金で予約成立となります。

ですから内容確認メールが届いてから、指定口座に振り込むことになります。
※振込手数料は自己負担となります。

当日現金で支払いたい場合は当日価格(大人だと4,500円)になってしまいます。

メガバンクなどから振り込む場合はキャッシュカードを使ってATMから振り込んだほうが振込手数料が少なくてすみますよ。

窓口で現金で振り込むとATMより手数料が高くなります。

⇒■目黒川お花見クルーズ予約 

天王洲ヤマツピアへのアクセス

乗船場所は「天王州ヤマツピア」です。

◆電車利用

◎ 東京モノレール「天王州アイル駅」下車 南口より徒歩約 5分

◎ りんかい線「天王州アイル駅」下車 B出口の地上より約 5分

◎ 京浜急行「新馬場駅」下車 北口より徒歩約 8分

◎ JR「品川駅」下車 港南口より 徒歩約 20分 タクシー約 5分

◆駐車場

桟橋専用駐車場はありません。
周辺の有料駐車場を利用してください。

・天王洲郵船ビル駐車場
・タイムズ天王州公園
・タイムズ東品川第2
・天王州駐車場

など

⇒■天王州ヤマツピアへ最寄り駅から徒歩でのアクセス

まとめ

このお花見クルーズ用の船「ゼンフリート」は船体が低く作られているので、「橋くぐり」や「水門くぐり」が楽しめます。

「天王洲ヤマツピア」のすぐ脇にジール専用レストランがあります。
ここでテイクアウト用(船内持込み用)の飲み物なども購入できますし、船に乗る前にトイレを使う事ができます。

一応、船にトイレはついているようですが、乗船前に用を足しておいたほうが安心です。

船上は地上より少し寒く感じられますから、服装は少し暖かいものにしたほうがいいかもしれません、とくに夜は・・・

スポンサードリンク