本沢梅園一般開放と本沢梅園まつり2017満開の白加賀を見に行こう

本沢梅園は相模原市川尻財産区にあります。

梅の花の咲く時期に一般開放され、その期間中に「本沢梅園まつり」が開催されます。

また、6月には梅のもぎ取りも楽しめます。

スポンサードリンク



本沢梅園の一般開放 2017

本沢梅園は約 3ヘクタールの敷地に約 1,000本の梅が栽培されています。

梅はおもに白加賀です。

梅の開花時期は南東斜面に白い花が咲き乱れます。

白加賀は梅酒などにすると美味しいですよね。

トイレは「城山湖コミュニティ広場」にあるので、そこを利用してください。

公共の交通機関を利用すると、ちょっとアクセスが悪いのであまり混雑もなく、梅の花の香りをかぎながらゆっくり散策できると思います。

けっこう急斜面のところに梅の木がありますが、舗装されているので歩きやすいと思います。

【本沢梅園の一般開放 2017】

◆開園期間

◎ 2017年(平成29年)3月4日(土)~20日(月)

◆開園時間

◎ 9:30~15:30

◆入園料

◎ 無料

◆問い合わせ

◎ 相模原市コールセンター

TEL:042-770-7777(8:00~21:00)

スポンサードリンク




本沢梅園まつり 2017

本沢梅園が一般開放される期間に「本沢梅園まつり」が開催されます。

特産品の販売やお囃子・太鼓の演奏なども予定されています。

【本沢梅園まつり 2017】

◆開催日程

◎ 2017年(平成29年)3月11日(土)~12日(日)

◆開催時間

◎ 10:00~15:00

◆開催場所

◎ 本沢梅園管理棟前広場(相模原市緑区川尻4457-1付近)

この本沢梅園は6月に梅のもぎ取りができることで人気です。

自分で梅を収穫できるので、多くの人が来園します。

梅のもぎ取りって、白加賀は青梅なので同系色のため、けっこう見つけにくかったりするんですよね。

実家には以前、やはり白加賀が3本ほどあったので、梅の時期にはよくもぎ取りをしたのですが、葉が多く茂っている所は見つけにくかったりします。

それを見つけるのがまた楽しみでもあるんですけどね。

梅もよく見ないと傷があったりしますが、自分でもぎ取りをする場合、形が良くて傷のないものを選んでもぐことができます。

本沢梅園の梅は品質がいいと評判なんですよ。

梅酒を作るときは傷がないものがいいですからね。

梅の料金も市価程度なので人気なんですね。

本沢梅園へのアクセス

【本沢梅園】

相模原市緑区川尻4457-1(城山発電所そば)

◆電車利用

◎ 最寄り駅 JR横浜線・相模線・京王相模原線「橋本駅」下車

★南口より神奈中バス④番のりばから「若葉台住宅行き」乗車
※橋08(二本松・久保沢経由)・橋28(二本松・町屋経由)
終点 「若葉台住宅」下車 徒歩約 30分

★北口より神奈中バス⑤番のりばから「大戸行き」乗車
※橋25(相原・法政大学経由)
終点「大戸」下車 徒歩約 15分

ちょっとへんぴな場所にあるんですよね。

城山湖・本沢ダムに近い場所にあります。

◆車利用

「小松」の信号を曲がって「城山・かたくりの里」の前をまっすぐ城山湖の方に進んでいくと、管理事務所の脇に「城山湖コミュニティ広場」の駐車場があります。

または「都井沢」の信号から(ステーキガストがある信号)入って道なりに進むと「城山湖コミュニティ広場」に着きます。

城山発電所の近くが「城山湖コミュニティ広場」の駐車場で本沢梅園の管理棟の近くにあるのが「天空の里駐車場」です。

駐車場は3月は16:00で閉まるので気をつけてくださいね。(冬期 9:00~16:00)

料金は無料です。

まとめ

城山湖は津久井湖の北の方に位置していますが、バスなども少ないため、車で行かないと不便なところです。

「城山湖コミュニティ広場」に入らずに、まっすぐ発電所のゲートの先の展望駐車場まで車で行くこともできます。

展望駐車場からは城山湖が眺められるのですが、17:00でゲートが閉まってしまうので気をつけてください。

スポンサードリンク