はるのパン祭り雑司が谷 鬼子母神堂2017大人気のトースト部も!

今年で3回めをむかえる雑司が谷 鬼子母神堂での「はるのパン祭り」。

大人気の「トースト部」も実施されます。

パン屋さんはもちろん、手作りジャムや自家焙煎珈琲なども楽しめますよ。

スポンサードリンク



はるのパン祭り 雑司が谷 鬼子母神堂 2017

こだわりのパンが販売されるだけでなく、買ったパンをその場で焼いて食べられる「トースト部」も大好評で、今年ももちろん実施されます。

食パンに限らず、焼いたほうがさらに美味しく食べられるパンもありますよね。

昨年度は25店舗ほどが出店しています。

今年はどんな美味しいパンがあるのか楽しみですね。

今回は「酵母」に焦点をあてたパンが集合するそうです。

【はるのパン祭り 雑司が谷 鬼子母神堂 2017】

◆開催日程

◎ 2017年(平成29年)4月16日(日)

※雨天の場合は5月6日(土)に延期

◆開催時間

◎ 9:00~16:00
※売り切れ次第終了の店舗あり

◆入場料

◎ 無料

◆会場

◎ 雑司が谷 鬼子母神会場

◆公式ホームページ

http://www.tezukuriichi.com/home.html

開催か中止かは開催日の朝 5:30にホームページで告知されます。

天候が怪しいようなら確認してから出かけたほうがいいですね。

スポンサードリンク




トースト部って?

パン祭りで人気の「トースト部」。

トースト部って??

それはパン祭りで購入したパンを切って、焼いて、食べる場所のことです。

買ったパンをその場で焼いて食べられるので大好評です。

【トースト部の参加方法】

◆参加料金

◎ 1回 100円

・購入したパンを持って「トースト部」の受付に行きます。

・お皿を選んで参加費の100円を支払います。
※お皿は手創り市参加の作家さんの器だそうです。

・カッティングボードの上で買ってきたパンを好きな厚さに切ります。

・切り分けたパンを七輪で焼きます。
※以外に早く焼けるので焦がさないように注意!
※七輪で焼くとこんがりふんわりと焼きあがりますよ!

・テーブルの上にあるスタッフお手製のジャムやはちみつ、オリーブオイル、クレイジーソルトなど好みのもので食べましょう。

・お皿をスタッフまで返却します。

釣り銭が用意されていませんので100円玉を事前に用意していきましょう。

やわらかいふわふわの食パンをそのまま食べるのが好きな人もいますが、切ってトーストして食べるのが一番!という人も多いですよね。

この「トースト部」は人気なのでかなり待つこともあります。

席の予約は出来ないので、早めに行ったほうがいいかもしれません。

雑司が谷 鬼子母神堂へのアクセス

【雑司が谷 鬼子母神堂(ぞうしがや きしもじんどう)】

〒171-0032 東京都豊島区雑司が谷3丁目15?20
TEL:03-3982-8347

◆電車利用

◎ 最寄り駅 JR「池袋駅」下車

・東口(西武百貨店前)より徒歩で明治通りを新宿方面へ
「南池袋3丁目」歩道橋左折 約 15分

・東口より都バス・西武バス利用
「目白方面行」または「新宿・渋谷方面行」乗車
「東京音大前」または「千歳橋」下車

◎ 最寄り駅 JR「目白駅」下車

・目白通りを東に歩いて約 15分

・都バス利用
「新宿駅西口行」乗車 「鬼子母神前」下車

◎ 都電荒川線(三ノ輪・早稲田間)「鬼子母神前」下車

◎ 東京メトロ副都心線「雑司が谷駅」下車 1番出口より徒歩約 5分

※駐車場はありませんので、池袋駅や目白駅周辺の有料駐車場などを利用してください。

まとめ

「手創り市 雑司が谷」は2006年からはじまりました。

月に1度のペースで開催されています。

鬼子母神堂の境内には創業年からある駄菓子屋「上川口屋」さんがあります。

パンを買ったあとは懐かしい駄菓子もおみやげに買ってもいいですね。

スポンサードリンク