ひたちなかフラフェスティバル2017ひたちなか・大洗・東海PRの日

「ひたちなかフラフェスティバル」には地元の愛好家がなんと1,000人以上も集うフラの祭典です。

広大なステージで繰り広げられるフラの競演を楽しめますよ。

フラフェスティバルの日は「ネモフィラハーモニー」の最終日となっていますので、ぜひネモフィラの咲く「みはらしの丘」も楽しんでください。

お得なクーポンも紹介します。

スポンサードリンク


ひたちなかフラフェスティバル 2017 ひたちなか・大洗・東海PRの日

国営ひたち海浜公園の西口・翼のゲートを入ってすぐに目にする野外ステージは1万人もの観客を収容できるステージです。

多彩なイベントのステージとしても利用されています。

このステージの上部には全長約 30mのガラス製アーチが設置されています。

次々と競演するフラの演技を楽しみながら、ご当地グルメも食べられるイベントですよ。

この「ひたちなかフラフェスティバル」当日は入園料が無料となっていますのでお得ですね。

【ひたちなかフラフェスティバル 2017 ひたちなか・大洗・東海PRの日】

◆開催日程

◎ 2017年(平成29年)5月14日(日)

※雨天決行 荒天中止

◆開催時間

◎ 9:30~16:00

※フラフェスティバルは10:00~

◆会場

◎ 国営ひたち海浜公園 水のステージエリア

茨城県ひたちなか市馬渡605-4

◆入園料

◎ 無料(通常は入園料がかかりますがこの日は無料の日です)

◆問い合わせ

◎ ひたちなか市観光振興課

TEL:029-273-0111

国営ひたち海浜公園は無料で入園できる日があります。

◆入園料

大人(15歳以上):410円
シルバー(65歳以上):210円
小人(小・中学生):80円

 

◆無料で入園できる日

5月5日(金・祝)※小・中学生のみ
5月14日(日)
9月18日(月・祝)※65歳以上のみ
10月1日(日)
10月22日(日)

 

※車で行った場合は入園料は無料でも駐車場料金は別途必要です。

スポンサードリンク




ネモフィラが一面に咲く「みはらしの丘」

国営ひたち海浜公園の「みはらしの丘」は4月中旬~5月上旬にかけて、ネモフィラが一面をおおい尽くします。

ネモフィラは北アメリカ原産の一年草で和名を「瑠璃唐草(るりからくさ)」といいます。

見事な光景が人気で、ツアーなどを訪れる人も多いですね。

ネモフィラの花って、けっして派手さはないんですが、一面に咲くと全体の青が美しいですよね。

通常、ネモフィラは可愛らしい花なので、春の花壇とかコンテナの寄せ植えに利用されています。

ネモフィラ族は18種ありますが、ブルーのメンジェシー(メンジーシー)種(N.menziesii)とその変種の2種、ファイブスポットと呼ばれる大輪のマクラータ種が栽培されています。

草丈は10~20cmくらいですね。

草丈は短めですが、地植えにすると横方向によく茂ります。

自宅でネモフィラを栽培する場合、苗よりも直まきしたほうが確実といわれています。

この「ネモフィラ」が終わると「みはらしの丘」はコキア(ホウキグサ)が植え付けられます。

ホウキグサというように、昔はこの茎を乾燥させてホウキをつくっていたそうです。

このコキアの実を「とんぶり」といいます。

「畑のキャビア」として親しまれていますよね。

ただ、この国営ひたち海浜公園のコキアは観賞用だそうですが・・・

夏にはきれいな緑色だったものが、少しずつ紅葉して、鮮やかな赤に染まっていきます。

ネモフィラも人気ですが、秋のコキアも人気なんですよ。

「ネモフィラハーモニー」を見に行くバスツアーも人気ですよね。

右上のコース番号に番号を入力すると詳細が示されます。

◆コース番号

・JV400 新宿発
・JV401 上野公園発
・JV402 東京駅鍛冶橋発
・JV403 北千住・竹ノ塚発
・JV404 池袋発
・JV405 大井町・蒲田発
・JV406 渋谷・目黒発
・JV407 中野・練馬区役所発
・JV408 調布・三鷹発
・JV409 青砥・綾瀬・新小岩発
・JV410 葛西・平井・大島発
・JV411 高島平・成増・光が丘発
・JV412 赤羽駅東口・板橋区役所・王子発
・JV413 上野公園 新宿発

バスツアーはだいたい1万円前後の料金ですね。

このツアーは日帰りであしかがフラワーパークとネモフィラハーモニーの両方を楽しめるツアーですが、他にも宿泊タイプなどもありますよ。

国営ひたち海浜公園へのアクセス

◆電車利用

◎ JR常磐線「勝田駅」下車

・「勝田駅」よりひたちなか海浜鉄道・湊線乗り換え
「阿字ヶ浦駅」下車

★「阿字ヶ浦駅」より「スマイルあおぞらバス」利用(勝田南コース)
「海浜公園西口」バス停 下車

※普通運賃:100円(未就学児無料)
※運賃は後払い

⇒■スマイルあおぞらバス 時刻表 

⇒■スマイルあおぞらバス 路線図

★「阿字ヶ浦駅」よりタクシー利用 約 15分

・「勝田駅」東口より茨城交通バス利用(乗車時間 約 25分)
2番のりばより「海浜公園南口行き」乗車
「海浜公園西口」または「海浜公園南口」下車

※通常運賃:400円

◆高速バス利用

◎ 東京方面から茨城交通「勝田・東海線」

・東京駅 ⇒ 海浜公園入口 約 2時間

※勝田・東海線は予約制ではなく、「先着順座席定員制」です。
満席になると乗車できないので気をつけてください。

※運賃:大人 2,240円

◎ 宇都宮方面から茨城交通「北関東ライナー宇都宮線」
もしくは「関東自動車 高速バス」利用

◆車利用

◎ 北関東自動車道~常陸那珂有料道路

「ひたち海浜公園IC」より約1km

⇒■関連記事 ネモフィラハーモニー2016バスツアーイチゴ狩り食べ放題付プランも! 

まとめ

国営ひたち海浜公園のお得なクーポンを利用すると「のりもの券」が割引で購入できます。

表示されたクーポンを印刷して(モノクロでもOK)大観覧車前のりもの券うりばに持っていきましょう。

⇒■国営ひたち海浜公園 ホームページ限定お得なクーポン 

スポンサードリンク