地獄の谷の鬼花火2017登別温泉の湯鬼神の手筒花火を見に行こう!

登別温泉というと「クマ牧場」が有名ですが、最近は鬼花火が注目されていますよね。

今年2017年も開催されますが、曜日指定の開催となっていますので注意してください。

スポンサードリンク


地獄の谷の鬼花火 2017

今や登別温泉のイベントとして有名になっている「地獄の谷の鬼花火」。

この鬼花火は手筒花火で間近で見るとかなりの迫力ですよ。

太鼓の音とともに舞い踊ります。

ゆっくり観覧するためには登別温泉に宿泊したほうがオススメです。

【地獄の谷の鬼花火 2017】


◆開催日程

◎ 2017年(平成29年)6月1日(木)~7月28日(金)
※開催期間中の「木・金」のみ 荒天中止

★6月
1日・2日・8日・9日・15日・16日・22日・23日・29日・30日

★7月
6日・7日・13日・14日・20日・21日・27日・28日

◆開催時間

◎ 20:30~(15分程度)

◆会場

◎ 温泉 地獄谷展望台周辺

◆料金

◎ 無料

◆問い合わせ

◎ 一般社団法人 登別観光協会

TEL:0143-84-3311(9:00~18:00)

【注意事項】

・サンダル・スリッパ・ヒール等はNG
※入場の制限及び会場内での立ち入り区域制限あり

⇒■登別温泉の温泉旅館・ホテル 楽天トラベル

スポンサードリンク




登別温泉の湯鬼神

◆登別温泉を守る湯鬼神

登別の湯を守っているのが「湯鬼神(ゆきじん)」です。

地獄谷に棲み、人々の厄払いをしてくれる、ありがたい鬼だそうです。

片手には「かぐら鈴」を持ち、もう片方の手には「剣」を持っています。

登別は本当に「鬼」が多いですよね。

登別温泉には11体の鬼像があり、9ヶ所に安置されています。

◆登別温泉の泉質

登別温泉には9種類もの泉質があります。

・硫黄泉
・食塩泉
・明ばん泉
・芒硝泉
・緑ばん泉
・鉄泉
・酸性鉄泉
・重曹泉
・ラジウム泉

自然湧出量が1日に1万トン、源泉温度は45℃~90℃の高温です。

◆登別温泉泉源公園

私が行った時はまだありませんでしたが、2013年の8月に登別温泉泉源公園にパワーの金棒が登場したようです。

「湯鬼神」と「9」の泉種に準えた9つのパワーを秘める金棒公園なんだとか・・・

9つのご利益があるそうですよ。

それぞれの金棒に願いを嗅いた絵馬を結ぶことが出来るようになっています。

祈願絵馬・・・じゃなくて「鬼願絵馬」だそうです。

登別観光協会で販売しています。

◎ 黒の金棒
仕事運/商売繁盛/社運隆盛

◎ 茶の金棒
合格祈願/学業成就

◎ 青の金棒
無病息災/疾病全快/健康祈願

◎ 緑の金棒
金運/結婚運/営業繁盛/社運隆盛

◎ 紫の金棒
名声・出世/家業繁栄

◎ 黄色の金棒
恋愛成就/家庭運/不動産運

◎ 白の金棒
家庭円満/家内安全

◎ 金の金棒
生きる力や粘り強さ/富と繁栄を得る力/金運/大願成就/五穀豊穣

鬼火の路

 

地獄谷を日没後に散歩するのもいいですよ。

鬼花火だけでなく「鬼火の路」も楽しみましょう。

揺らめく灯りに照らされた地獄谷遊歩道は幻想的な景色を楽しめます。

白煙が立ち上っているのを見るとホントに地獄みたいな光景に見えますね。

【鬼火の路】

◆開催日程

◎ 通年

◆時間

日没~21:30

◆会場

◎ 地獄谷遊歩道・地獄谷展望台

◆観覧料金

◎ 無料

まとめ

地獄谷展望台に続く道はゆったりとした上り坂ですが、けっこう歩きます。

会場に一番近いのは「第一滝本館」ですね。

開演ギリギリだと会場に入れない場合もありますから気をつけてください。

だいたい20:10くらいまでに・・・ということですが、20:00くらいまでに行ったほうがいいと思います。

階段を椅子がわりに利用するんですが、席に限りがあるので遅く行くと座れません。

私達が行った時も20時過ぎくらいで、もう席がほとんど埋まってました。

でも鬼花火はとてもよかったですよ。

スポンサードリンク