田貫湖夏まつり2017田貫湖ふれあい自然塾で生き物とあそびのおまつり

環境省の自然学校第1号の「田貫湖ふれあい自然塾」は入場無料で遊びながら自然を学ぶことができます。

その「田貫湖ふれあい自然塾」で今年も「たぬき湖夏まつり」が開催されます。

体験プログラムも無料~有料までいろいろ用意されています。

スポンサードリンク



田貫湖 夏まつり 2017

「田貫湖ふれあい自然塾」は来館者が200万人を達成したそうです。

一戸建ての貸別荘の宿泊コテージや休暇村富士に宿泊して、遊びを楽しむこともできますよ。

ここからは富士山の眺めが素晴らしいと評判です。

「田貫湖夏まつり2017」は雨天時は室内で開催されます。

【田貫湖 夏まつり 2017】

◆開催日程

◎ 2017年(平成29年)7月9日(日)

◆開催時間

◎ 10:00~15:00

◆開催場所

◎ 田貫湖ふれあい自然塾

◆入場料

◎ 無料
※体験コーナーには有料のものあり

◆問い合わせ

◎ 田貫湖ふれあい自然塾

TEL:0544-54-5410

【遊びのプログラム】

◆生き物コーナー

・ザリガニ釣り

参加料金:200円

・どじょうすくい

参加料金:200円

・ヤモリになろう!

参加料金:300円

・オナモミ的当て

参加料金:100円

・生き物クイズ

参加料金:無料

・ほんものを観察!

参加料金:無料

◆あそびコーナー

・ペットボトルけん玉作り

参加料金:300円

・家族で手形!額入りオリジナルアートを作ろう!

参加料金:800円

・ぶんぶんゴマ作り

参加料金:500円

・マイバック作り

参加料金:500円

・木のペンダント作り

参加料金:500円

・竹トンボ作り

参加料金:無料

◆安くておいしいお食事コーナー

◎ 400円~900円程度

・どんぶり
・各種お弁当
・揚げ物
・カレー
・タイ料理
など

◎ 1本 800円

生地から作る「たき火でまきまきパン」

この「田貫湖ふれあい自然塾」は赤ちゃんからお年寄りまで楽しむことができる施設です。

雄大な富士山を眺めながら田貫湖周辺を散歩してもいいですし、「館内・森と洞くつ探険」などの無料体験プログラムや「クライミング体験」などの有料体験プログラムなどいろいろ用意されているものを楽しむのもいいですよ。

スポンサードリンク




田貫湖ふれあい自然塾へのアクセス

◆電車利用

◎ JR東海道線「富士駅」で乗り換え JR身延線「富士宮駅」下車

「富士宮駅」より富士急静岡バス利用

2番のりばより
「休暇村富士行き」のバスに乗車
「休暇村富士」下車(約 45分)

◎ JR東海道新幹線「新富士駅」下車
「新富士駅」よりバスかタクシー(約 25分)で「富士宮駅」へ

2番のりばより
「休暇村富士行き」のバスに乗車
「休暇村富士」下車(約 45分 840円)

「新富士駅」からバス利用だと本数が少ないのでタクシー利用になると思います。

★「富士宮駅発」バス時刻表

9:15 11:20 13:10 15:20 16:20

★「休暇村富士発」バス時刻表

10:05 12:00 14:00 16:10 17:10

※時刻表は変更される場合もあるので事前に問い合わせたほうがいいかもしれません。
※富士急静岡バス TEL:0545-71-2660

◆高速バス利用

◎ JR東京駅 八重洲南口より富士急高速バス利用(予約制)

約 3時間20分で「休暇村 富士」まで

・運賃 片道:3,090円 往復:5,760円

★高速バス時刻表

東京駅発   10:00
休暇村富士発 10:20

◆車利用

◎ 新富士I.C(もしくは富士I.C) ⇒ 西富士道路経由 ⇒ 国道139号線「上井出I.C」
⇒ 白糸の滝・田貫湖方面 ⇒ 田貫湖

◎ 中央自動車道「河口湖I.C」⇒ 国道139号線 本栖湖・朝霧高原方面 ⇒ 田貫湖

◎ 中央自動車道「甲府南I.C」⇒ 国道358号線 精進湖方面 ⇒ 赤池交差点で国道139号線を田貫湖方面へ
⇒ 田貫湖

◆駐車場

◎ あり 無料 82台

休暇村富士

どうせなら宿泊して自然を楽しむのもいいですよね。

「休暇村富士」は富士山の眺望が素晴らしい絵画のようなロケーションを楽しむことができます。

全客室が「富士山ビュー」の部屋ですよ。

部屋も洋室と和室があり、温泉大浴場からも富士山を眺めることができます。

お部屋は全室禁煙ですので、喫煙する人は館内に数カ所ある「喫煙コーナー」を利用してください。

またフィンランドログ調の一戸建ての貸別荘のコテージで宿泊することもできます。

ロフトも付いています。

そのなかにはワンちゃんと一緒に宿泊可能なコテージ(要事前予約)もあるんですよ。

ホテルの方の夕食は富士の地元の食材を使った季節限定のコース料理や約 50品目のバイキングを選ぶことができます。

朝食のバイキングはレストラン内で焼くクロワッサンや新鮮な野菜サラダなどお好みのものを選べますし、新登場の「1日限定20食 田貫湖朝御膳(朝食バイキング+1000円)」に変更もできます。

「田貫湖朝御膳」はシーズン期以外の月~木曜日の宿泊の人だけが対象だそうですが・・・

お昼はランチメニューが用意されているので、日帰り利用ができます。

どんなメニューがあるかはこちらでどうぞ!

宿泊はできないけど、温泉には入りたい!・・という場合は日帰り温泉もOKですよ。

◆日帰り温泉

・大人:650円
・小人(4歳以上~小学生):300円

本館 11:00~14:00
※受付 13:30まで
※火曜日定休

◆駐車場

◎ あり 無料 80台

※送迎バスなし

まとめ

田貫湖からはきれいな富士山の写真が撮れるので、撮影している人が多いですよね。

富士山がきれいに見えると御利益あるようでうれしくなりますし・・・

車で出かける人にはいいですが、公共の交通機関を利用していくにはちょっと不便ですね。

東京からなら高速バスが一番簡単だと思います。

新幹線の「新富士駅」から「富士宮駅」ではなく「富士駅」まで行く場合、徒歩だと約 20分くらいで、バスも運行しています。

⇒■新富士駅~富士駅 バス(2017年4月3日現在)

スポンサードリンク