ふじさわ江の島花火大会2017湘南海岸打上げ花火唯一の2尺玉

湘南海岸で秋の花火大会「ふじさわ江の島花火大会」が今年2017年も開催されます。

見どころは何といっても2尺玉です。

迫力ある大輪の花に感動します。

スポンサードリンク


ふじさわ江の島花火大会 2017

波の音を聞きながら花火鑑賞というのも楽しいですね。

しかも夏とは違ってちょっと涼しくなった10月下旬に開催されます。

海外沿いからなら、けっこう遠い場所でも見ることができますよ。

もちろん、近くで見たほうが迫力の2尺玉の大きさに感動しますが・・・

2尺玉は直径が約 480mまで開くので、隅田川花火大会などでは見ることができません。

【ふじさわ江の島花火大会 2017】

◆開催日程

◎ 2017年(平成29年)10月21日(土)

※荒天時は22日(日)に延期
※小雨決行

◆時間

◎ 18:00~18:45

◆開催場所

◎ 片瀬海岸西浜

◆料金・予約

◎ 不要

※有料席を除く

◆打上数

◎ 3,000発(2尺玉を含む)

◆問い合わせ

◎ 藤沢市観光センター

TEL:0466-22-4141(8:30~17:00)

◎ 片瀬江の島観光案内所

TEL:0466-24-4141(8:30~17:00)

スポンサードリンク




ふじさわ江の島花火大会の有料席

午前中から江の島周辺を観光して、夕方花火鑑賞ならいい場所を確保するのも、そう難しくはないかもしれません。

でも、いろいろな事情で夕方に行く場合は「有料席」が便利です。

「有料席」は売り出して早めに完売することが多いので、利用したい人は早めに購入したほうがいいですね。

◆有料観覧指定席

◎ パイプイス席(1人)

料金:2,500円

席数:2,500席

※1人10枚まで購入できますが席番号が決まっているので複数回で購入すると連番になりません。

◎ 有料観覧指定席の入場時間

16:00~

※ペット同伴不可

※有料観覧指定席での喫煙不可

※4歳以上有料

※3歳以下は膝上観賞は可能(席が必要な場合は有料)

※有料観覧席内での傘の使用不可

◎ 有料観覧指定席の場所

境川河口左岸(東側)

◎ 窓口販売

2017年(平成29年)9月1日(金)~

8:30~17:00

・藤沢市観光センター
・藤沢市役所観光シティプロモーション課(湘南NDビル6階)
※土日・祝日を除く

◎ チケットぴあ・ローソンチケット

2017年(平成29年)9月1日(金)~

10:00~

車いすの人用に「新江ノ島水族館西側芝生広場」に席が用意されます。

30名で抽選となります。

無料で「車いすの人」「介助者」「同伴者」の3人まで申し込みできます。

応募締切は9月4日(月)です。

車いすを利用している人で「優待観覧席」を申し込む場合はこちらでどうぞ↓

⇒■ふじさわ江の島花火大会の車いすの方の優待観覧席申込

ふじさわ江の島花火大会へのアクセス

◆電車利用

◎ 小田急江ノ島線「片瀬江ノ島駅」下車 徒歩約 2分

◎ 江ノ島電鉄「江ノ島駅」下車 徒歩約 5分

◎ 湘南モノレール「湘南江の島駅」下車 徒歩約 6分

露店などがでる「江の島」非常に混み合います。

夕方からなどでは入れないと思ったほうがいいでしょう。

「新江ノ島水族館」周辺も早めに行かないと座る場所もありません。

「片瀬西浜海水浴場」の砂浜や「県立湘南海岸公園」などは少し遠くなりますが、比較的空いているのでちょっと遅くなっても座れる場所があると思います。

ただ、花火終了後は「片瀬江ノ島駅」「江ノ島駅」「湘南江の島駅」を利用する場合、人・人・人で歩くだけで2時間くらいかかることがあります。

「県立湘南海岸公園」や「片瀬西浜海水浴場」などで花火鑑賞をした場合で、小田急江ノ島線を利用する場合は「鵠沼海岸駅」を利用したほうが早いかもしれません。

◆車利用

◎ 東名厚木ICから車で約 50分

ただし当日は江の島周辺の道路は非常に混雑しますし、駐車場も満車になりやすいので早めに行かないと難しいかもしれません。

⇒■江の島・湘南海岸の駐車場情報

まとめ

花火大会はどこでも見ているうちはいいのですが、帰りがね・・・

会場に来る時間はまちまちでも、帰途につく時は一斉ですからね。

あまりの人の多さでのろのろしか進まないんでかなり疲れます。

場所によってはよく見られないところもありますが、「片瀬東浜海水浴場」からでも花火は見ることができます。

スポンサードリンク