奥日光湯元温泉雪まつり2018日本夜景遺産認定イベント雪灯里

2011年に「日本夜景遺産」に認定された「奥日光湯元温泉 雪まつり」が今年2017年も開催されます。

2000年よりスタートした「雪まつり」は「雪灯里(ゆきあかり)」と「全日本氷彫刻奥日光大会」が大きなイベントの柱となっています。

スポンサードリンク



奥日光湯元温泉雪まつり 2018

標高が約 1,480mと高いところにある「奥日光湯元温泉」は夏は涼しいので避暑地としても適している観光地です。

雪の量も豊富なため、それを生かしたイベント「雪まつり」が開催されるようになりました。

開催されるイベントによって、開催期間が異なりますので注意してくださいね。

有名ホテルの彫刻士らによる大会も見応えがあります。

予定されているおもなイベントを紹介します。

【奥日光湯元温泉雪まつり 2018】

◆雪灯里~ゆきあかり~

約 500個の「雪灯里」が灯されます。

◎ 日程

2018年(平成30年)2月9日(金)~15日(木)

毎日 17:00~21:00頃まで

◎ 場所

日光湯元ビジターセンター横園地

◆第12回 全日本氷彫刻奥日光大会


◎ 日程

2018年(平成30年)1月30日(火) 氷彫刻開始

2018年(平成30年)1月31日(水) オープニング

※氷が溶けるまでの約 2週間開催

◎ 場所

日光湯元温泉 湖畔ひろば
※期間中ライトアップ日没~22:00まで

◆湯ノ湖湖畔花火大会

◎ 日程

2018年(平成30年)2月10日(土)

19:30~(予定)

◆雪上探検ツアー

◎ 日程

2018年(平成30年)2月25日(日)

◆問い合わせ

◎ (一社)日光市観光協会

TEL:0288-22-1525(10:00~15:00)

◎ 奥日光湯元温泉旅館協同組合

TEL:0288-62-2570(火・水曜日を除く 10:00~16:00)

◎ 日光湯元ビジターセンター

TEL:0288-62-2321(1月から土日のみ 10:00~15:00)

スポンサードリンク




日本夜景遺産認定イベント 雪灯里

日本夜景遺産にも認定されている、ライトアップされた「雪灯里」の夜景はとても幻想的で美しいと評判です。

2010年に、高さ約 40cmのかまくらと雪の壁に1,000本のロウソクが灯されましたが、翌2011年よりLED電球にリニューアルされました。

ロウソクからLEDに変わり、色が変化するのも楽しめるようになりましたね。

その2011年に「日本夜景遺産」に登録されています。

ちなみに日本夜景遺産に登録されるには基準があり、それをクリアしたということですね。

その基準とは・・・

 

【夜景遺産認定基準】

1 特有の芸術的価値を抱く夜景であること。夜景の景観的特徴により、芸術的レベルが高く、美しく魅力的な夜景であること。
2 所在する都市、市町村の文化的、景観的特徴が生きた(土地柄が表れた)夜景であること。
3 所在する都市や市町村に対して、文化的に大きな影響を及ぼしている夜景であること。
4 観光対象として、他の地域の人々にも大いなる興味、関心を彷彿させる夜景であること。
5 夜景地(夜景鑑賞地)として、他にの優れた見本になること。
6 夜景地(夜景鑑賞地)として、照明、ファザード等、鑑賞環境が整備されていること。
7 夜景地(夜景鑑賞地)の安全はもちろん、全ての人々が楽しめる夜景地であること。
8 夜景地(夜景鑑賞地)として、利便性に問題がないこと。※夜景地へのアクセス状況等。

引用:日本夜景遺産ホームページ

 

首都圏はけっこう登録されていますが、北関東では「奥日光湯元温泉 雪まつり」「あしかがフラワーパーク」「あしかがフラワーパーク 藤のライトアップ」「ぐんまフラワーパーク ウィンターイルミネーション」の4つが登録されています。

⇒■奥日光湯元温泉の旅館・ホテル 楽天トラベル

奥日光湯元温泉へのアクセス

【奥日光湯元温泉へのアクセス】

◆電車利用

◎ JR日光線「日光駅」下車

「日光駅」より東武バス利用

「湯本温泉行」乗車「湯元温泉」下車
※所要時間 約 75分

◎ 東武日光線「東武日光駅」下車

「東武日光駅」より東武バス利用

「湯本温泉行」乗車「湯元温泉」下車
※所要時間 約 75分
※タクシー利用で約 50分

◆車利用

◎ 東北自動車道「宇都宮I.C」⇒ 日光宇都宮道路「「清滝I.C」より約 40分

奥日光湯元温泉の「雪灯里」会場(湯元園地)は「奥日光小西ホテル」のすぐ脇、氷の彫刻会場(日光湯元温泉湖畔ひろば)は湯ノ湖よりにある「おおるり山荘」の前となっています。

東武バスの「湯元温泉」停留所から「雪灯里」会場はすぐ近くとなっています。

まとめ

かまくらの中の灯りはとても幻想的でステキですよね。

でも雪の中を歩く時はしっかり防寒対策したほうがいいですね。

手袋とか帽子(ニット帽など)、マフラーも身につけたほうが冷えなくていいですよ。

スポンサードリンク