ふらっとまるっと津久井特産祭2017無料シャトルバスが会場まで運行

昨年、はじめて開催された「ふらっとまるっと津久井特産祭」。

今年2017年も開催されますよ。

橋本駅から会場まで無料シャトルバスも運行されますし、さらに昨年同様、「無料巡回バス」が運行されますので宮ヶ瀬湖の「鳥居原ふれあいの館(いえ)」や「津久井湖観光センター」「あぐりんずつくい」などの農産物直売所へ行くこともできます。

スポンサードリンク



ふらっとまるっと津久井特産祭 2017

「ふらっとまるっと津久井特産祭 2017」では来場者にプレゼント(先着順)も用意されています。

自家用車で動くことができる人は、あちこちの農産物直売所を見て回れますが、公共の交通機関を利用している人にはちょっと大変ですよね。

今回も昨年と同じように無料巡回バスが運行されますので、宮ヶ瀬湖の「鳥居原ふれあいの館」などへも会場から行くことができます。

体験イベントやスイーツコンテストなども開催されますよ。

【ふらっとまるっと津久井特産祭 2017】

◆開催日程

◎ 2017年(平成529年)12月3日(日)

※雨天決行 荒天中止

◆開催時間

◎ 10:00~15:00

◆会場

◎ 金原工業団地内駐車場

◆内容

・津久井スイーツ・お菓子コンテスト
・津久井の食・農体験イベント
・津久井の農産物および加工商品・飲食物・工芸品の販売
・根小屋小学校・串川中学校による演奏等

◆問い合わせ

◎ 津久井地域経済課

TEL:042-780-1416

【津久井スイーツ・お菓子コンテスト】

津久井産食材を使ったスイーツ・お菓子を買って投票しましょう。

お菓子などを買った投票者には抽選で地元の特産品などの商品が当たりますよ。

◆販売・投票時間

◎ 11:00~ 売切れまで

◆表彰式

◎ 14:30~

スポンサードリンク




食・農体験イベントは事前申込が必要

 

【事前申込方法】

Eメール:toshiseibi@city.sagamihara.kanagawa.jp

TEL:042-769-8259(相模原市都市整備課)

・参加者数
・参加者全員の氏名
・日中連絡の取れる電話番号
・希望する時間(そば打ち体験)

 

【食・農体験イベント】

◆そば打ち体験

◎ 「津久井十割そばの会」によるそば打ち体験

・参加費

1組 1,500円(1人で参加の場合)
※複数名で参加の場合は1人につき500円追加
※そばの持ち帰り(3人前)/1組

・時間

11:00~
12:00~
13:00~
※各1時間程度 3回

・集合場所

串川地域センター
※特産祭会場からの無料巡回バスあり

・募集人数

10組/1回

・持ち物

エプロン
タオル

◆収穫体験

◎ 季節の農産物(サトイモなど)の収穫と農家さんのお話

・参加費

1組:1,000円
※収穫した農産物の持ち帰り/1組

・時間

13:00~14:00

・集合場所

鳥居原ふれあいの館
※特産祭会場からの無料巡回バスあり

・募集人数

10組

・持ち物

軍手
長靴
タオル
ビニール袋
汚れてもいい服装

※雨天中止

アクセス 無料シャトルバスと無料巡回バスについて

【金原工業団地内駐車場】

相模原市緑区根小屋

会場は昨年と同じ場所です。ただ、今年は会場が広くなるようで、駐車場は会場の向かい側になるようです。

橋本駅南口から会場を結ぶ「無料シャトルバス」と会場発着の「無料巡回バス」は今年も運行されますが、時刻表などはまだ発表されていません。

昨年と同じような感じになるかもしれません。

関連記事で「無料巡回バス」と「無料シャトルバス」について書いてありますので、そちらも参考にしてください。

⇒■ふらっとまるっと津久井特産市2016無料シャトルバスと巡回バス運行

追記:

「無料シャトルバス」と「無料巡回バス」について、FBのほうに出ていることを教えてくださった方がいます。

ありがとうございました。

こちらが時刻表が出ているポスターです。

まとめ

無料シャトルバスや巡回バスで「ふらっとまるっと津久井特産祭」の会場だけでなく、他の「鳥居原ふれあいの館」や「津久井湖観光センター」なども行ってみたい人は早めに出かけたほうがいいですね。

とくに「鳥居原ふれあいの館」と会場はけっこう離れていますので・・・

こういう路線バスはないので、この機会にいろいろまわってみるのも楽しいですよ。

スポンサードリンク