行船公園の自然動物園や釣り池は無料で楽しめる!アクセスも紹介

行船公園内にある江戸川区自然動物園は約60種類の動物がいて、入園料無料で楽しめます。

無料って聞くとたいした動物もいないんじゃないかと思ってしまいますが、レッサーパンダやペンギンなどもいますよ。

行船公園内には平成庭園もあり、そこの釣り池で釣りを楽しむこともできます。

スポンサードリンク



行船公園の自然動物園は無料

江戸川区自然動物園02 - コピー

【行船公園内 江戸川区自然動物園】

開園時間

◎ 10:00~16:30

※土曜日・日曜日・祝日は午前9時30分から

※11月から2月は午後4時まで

※夏季(7月21日から8月31日)は午前9時30分から午後4時30分

休園日

◎ 月曜日(祝日の場合は翌日) 年末年始

入園料

◎ 無料

【主な動物】

◆レッサーパンダ

◆オオアリクイ

◆オグロプレーリードッグ

◆ベネットアカクビワラビー

◆ハイイロリス

◆フンボルトペンギン

◆オタリア

◆コモンリスザル

◆クモザル

◆ホウシャガメ(マダガスカルホシガメ)

◆ワタボウシパンシェ

◆シロビタイムジオウム

◆サイチョウ

◆オウギバト

◆コウノトリ

◆ベネットワラビー

◆フンボルトペンギン

【ふれあいコーナー】

ふれあいコーナーではウサギやモルモットを抱けるだけでなく、やぎやひつじにも触ることができます。

利用時間

◎ 10:00~11:45

◎ 13:15~15:00

※1日2回のみ

※雨天中止

江戸川区自然動物園ではヒツジの毛刈りショーや親子一日飼育体験教室などのイベントも開かれています。

《問い合わせ》

行船公園内 電話:03-3680-0777

スポンサードリンク




行船公園の平成庭園の釣り池も無料で利用できる

行船公園は地元の田中源氏によって、公園用地として寄付されました。

「行船(ぎょうせん)公園」の名称は、寄付者の田中源氏の屋号「行船(ぎょうせん)」にちなんでつけられたそうです。

土日などは公園にケータリングカーが出店するので、ケバブやかき氷など味わうことができますよ。

【行船公園内 平成庭園】

平成庭園は池を囲む緑豊かな「築山池泉廻遊式(つきやまちせんかいゆうしき)」の日本庭園です。

6月上旬まではツツジやサツキが楽しめ、下旬にはハナショウブ、その後にはスイレンが見頃になります。

数寄屋造り(すきやつくり)の純日本建築「源心庵」のみ有料で後は無料で利用できます。

【釣り池】

平成庭園内にある釣り池は無料で利用できますので、自由にヘラブナ釣りを楽しむことができます。

道具、エサは各自で用意する必要があります。

利用時間

◎ 常時開園

※イベント開催時等、利用できない場合あり

休業日

◎ 常時開園

※イベント開催時等、利用できない場合あり

利用料金

◎ 無料

釣り池の注意事項

※リール竿、返しのある針の使用は禁止

※釣った魚の持ち帰り不可

《問い合わせ》

◎行船公園サービスセンター

TEL: 03-3680-0777

行船公園へのアクセス

江戸川区自然動物園03 - コピー

【行船公園へのアクセス】

徒歩

東京メトロ東西線「西葛西駅」から徒歩15分

バス利用

東京メトロ東西線「西葛西駅」から

都営バス〔新小21 新小岩駅・船堀駅行〕「宇喜田」または「北葛西2丁目」下車すぐ

駐車場

行船公園北側隣に都立宇喜田公園有料駐車場 1時間200円

まとめ

こじんまりした江戸川区自然動物園は動物との距離が近くに感じられます。

毎年、赤ちゃんが見られるプレーリードッグも人気者ですよ。

スポンサードリンク