函館海上冬花火2017ビューポイントとフォトコンテストの応募方法

北海道新幹線開通後、北海道でも人気の観光エリアになっているのが函館です。

その函館の冬の夜空に大輪の花火が5日間、連続で打ち上がります。

スポンサードリンク


函館海上冬花火 2017

函館海上冬花火02 - コピー

「函館海上冬花火」は5日間連続で打ち上げられます。

このくらい期間があると、見に行く都合がつきそうですよね。

2000発の花火の写真を撮って自信のある作品は、フォトコンテストに応募することもできますよ。

花火は毎日、約 20分程度になります。

【函館海上冬花火 2017】

◆開催日程

◎ 2017年(平成29年)2月8日(水)~12日(日)
※雨天中止

◆開催時間

◎ 19:40~

◆花火打ち上げ地点

◎ 函館港 豊川ふ頭沖

◆問い合わせ

◎ 実行委員会事務局

TEL:0138-23-6100

主観覧エリアにはフードブースがオープンの予定です。

開催期間中:18:00~花火終了まで

スポンサードリンク

函館会場冬花火 ビューポイント

花火の打ち上げ地点は「函館湾 豊川ふ頭沖」です。

「函館市青函連絡船記念館摩周丸」の近くですね。

函館朝市の近くでもあり、「函館国際ホテル」や「ラビスタ函館ベイ」などからも近いです。

主観覧エリア(冬花火会場)まではJR函館駅から徒歩約 8~9分です。

函館は市電(路面電車)がありますから、移動もけっこう便利です。

函館朝市の近くや赤レンガ倉庫群などに駐車場はありますが、路上駐車は全面禁止なのでなるべく公共の交通機関を利用した方がいいですね。

函館海上冬花火03 - コピー

函館海上冬花火05 - コピー

函館海上冬花火04 - コピー

◆おもなビューポイント

・朝市・摩周丸エリア~函館国際ホテル
・金森倉庫群エリア
・八幡坂付近
・函館山山頂

など

函館の坂「八幡坂」はよくドラマやCMなどでも利用されているので有名ですよね。赤レンガ倉庫群の近くにあります。

金森倉庫群エリアは赤レンガ倉庫群で、いろいろなお店がたくさん入っていてショッピングや食事が楽しめます。

函館山は函館の夜景を見るのに絶好なビューポイントですが、花火のビューポイントでもあるので、夜景と花火の両方が楽しめます。

フォトコンテスト 2017 応募方法

函館海上冬花火06 - コピー

【「函館会場冬花火2017」のフォトコンテストの応募方法について】

◆募集条件

◎ 「函館会場冬花火2017」を撮影したものであること
※1人5作品まで

◆応募方法

◎ 「函館海上冬花火」のfacebookページに
[♯函館海上冬花火フォトコンテスト2017]と書き添えて写真を投稿(UP)する。

◎ フォトコンテスト用メールアドレスに写真データを添付してメール送信。
フォトコンテスト用メールアドレス→ fuyuhanabi@hakodate-kokusai.jp

◆募集期間

◎ 2017年(平成29年)2月13日(月)~18日(土)

◆問い合わせ

◎ 函館海上冬花火実行委員会事務局
TEL:0138-23-6100(函館国際ホテル内)

【注意事項】

・人物が写っていて個人が特定できる写真の場合は、必ず写っている方に応募・公開の了承を得てから応募する
・路上駐車や車道に三脚を立てて撮影する等の行為禁止
・応募写真は、函館海上冬花火実行委員会でポスター、チラシ、リーフレット、Facebookページへの掲載など、多目的に使用されることを了承の上応募する
・応募作品は審査終了後「函館海上冬花火写真展」に展示予定

※入賞賞品はまだ未定のようです。

まとめ

函館といえばカニもおいしいですが、イカもおいしいですよね。

イカのマンホールとかもあるそうですよ、こんな感じの・・・
函館海上冬花火07 - コピー

見つけられるかどうかわかりませんが・・・

スポンサードリンク