2017陸上自衛隊富士総合火力演習の応募方法|今年はネット申込みのみ

陸上自衛隊のイベントの中でも最も人気があるのが「富士総合火力演習」です。

毎年8月に実施されますが、見学には事前に応募して当選しないと見ることができません。

今年の応募はすでに始まっていますが、今年はインターネットでの申込みに限られています。

スポンサードリンク



2017 富士総合火力演習 応募方法


出典:陸上自衛隊ホームページ

「富士総合火力演習」は静岡県御殿場市の東富士演習場で実施されます。

一般公開の演習で戦車やヘリコプター、さらには火砲などの実弾射撃など見ることができます。

入場券は毎年応募で抽選となっていて、昨年平成28年度は約28倍の倍率でした。

今年から「往復はがきは不可」でインターネットでの応募受付のみとなっていますので注意してください。

「富士総合火力演習」は陸上自衛隊の最大規模の実弾演習となっています。

【2017 富士総合火力演習】

◆日時

◎ 2017年(平成29年)8月27日(日)

◆時間

◎ 10:00~12:00

◆場所

◎ 静岡県御殿場市 東富士演習場(畑岡地区)

◆応募期間

◎ 2017年(平成29年)6月1日(木)~7月2日(日)24:00まで

◆応募要領

・インターネットより応募
※当選の場合のみ、はがきで連絡
・1名1件のみの応募
※複数応募の場合は無効
・当選はがき1枚につき、最大4名まで入場可

◎ 券の種類

・青少年券(29歳以下が同行する場合は青少年券)
・一般券

⇒■陸上自衛隊総火演応募ページ 

スポンサードリンク




注意事項

【注意事項】

・「富士総合火力演習」の当選はがき・入場券は営利目的で使用できません。
※オークションに出したり、売買したりは禁止
・妊婦および乳幼児の来場はNG
※轟音・炎天下・雨天でも傘の使用不可など条件のため
・帽子などの日よけの準備
※日傘の使用不可
・雨天時でも雨傘の使用不可
※レインコートなどの雨具を準備
・ペット同伴不可
・マナーが悪い場合・現地勤務員の統制に従わない場合は退場となるケースあり
・当選の発表は7月下旬~8月上旬を予定
・車椅子での観覧は可
・演習の他、音楽演奏・装備品の展示等の予定あり
・雨天時中止の場合、ラジオ等で当日の朝お知らせ
※小雨の場合は雨天決行(雨傘使用不可)

アクセス

◆電車利用

◎ 最寄り駅 JR「御殿場駅」下車

首都圏から電車利用の場合、交通系ICカード(Suica・PASMO等)はエリアが異なるため、使用できません。

※全区間分の往復切符を購入したほうが窓口手続きなど必要ないので便利です。

・駅より運行される臨時直通バスを利用
民間バス(有料 片道:570円)
・駅よりタクシー利用

◆車利用

駐車場は「駐車券付き当選券」を持っている人のみ、利用できます。

私有車による会場への乗り入れは不可となっていますので、友人や家族に送ってもらうことはできません。
※タクシーは可

◎ バイク・自転車の利用も不可です。

まとめ

昨年の平成28年度の演習では約 2,400名の隊員が参加して、入場者数は約27,000名でした。

前段演習で遠距離火力、中距離火力、近距離火力、ヘリコプター火力、対空火力及び戦車火力について紹介され、公団演習で「部隊配置」「機動展開」「奪回」の大迫力の演習となっていました。

「富士総合火力演習」は通常、「そうかえん」と呼ばれていて、陸上自衛隊のイベントの中でも一番の人気となっています。

スポンサードリンク