上橋菜穂子と精霊の守り人展が仙台文学館で開催!ワークショップも!

国際アンデルセン賞作家賞の上橋菜穂子さんの代表作である「精霊の守り人」シリーズを中心にした展覧会が仙台文学館で開催されます。

スポンサードリンク



上橋菜穂子と精霊の守り人展 仙台文学館

上橋菜穂子さんは2015年には「鹿の王」で本屋大賞も受賞しています。

「精霊の守り人」や「獣の奏者」などのベストセラーがありますよね。

上橋菜穂子さんの作品は海外でも高い評価を得ています。

そのなかの「精霊の守り人」シリーズを中心にした大規模な展覧会が仙台で開催されます。

【仙台文学館 特別展 上橋菜穂子と〈精霊の守り人〉展】

◆開催日程

◎ 2017年(平成29年)9月16日(土)~11月26日(日)

◆開館時間

◎ 9:00~17:00
※入館は16:30まで

◆休館日

◎ 月曜日(9月18日、10月9日は開館)
休日の翌日(9月24日、10月10日、11月4日は開館)
第4木曜日

◆観覧料

◎ 一般:800円 高校生:460円 小・中学生:230円
※10名以上の団体は各100円引き

◆会場

◎ 仙台文学館

◆問い合わせ

◎ 仙台文学館

TEL:022-271-3020

「精霊の守り人」はNHK大河ファンタジーで、綾瀬はるかさんがバルサ役で主演していましたね。

最終章は今年2017年の11月から放送予定になっています。

シーズン3は全9回の予定です。

仙台文学館で展覧会開催期間中には「精霊の守り人 スタンプラリー」もありますよ。

会場内に設置されているスタンプを集めてくださいね。

スポンサードリンク




展覧会関連イベント

【展覧会関連イベント】

展覧会の関連イベントが2日間、開催されます。

このイベントに参加したい人は事前に申込が必要です。

(1)講演会「野生動物のお医者さん~人と野生動物の境界線に生きる~」

◆開催日程

◎ 2017年(平成29年)9月18日(月・祝)

◆開催時間

◎ 13:30~15:00

◆講師

◎ 齊藤慶輔(獣医師)

◆定員

◎ 80名

◆会場

◎ 仙台文学館2階講習室
※入場の際は、特別展観覧券の半券が必要

(2)ワークショップ「〈精霊の守り人〉の世界をイメージして石のアクセサリーを作ろう!」

◆開催日程

◎ 2017年(平成29年)11月18日(土)

◆開催時間

◎ 10:30~12:00

◆定員

◎ 15名

◆会場

◎ 仙台文学館2階講習室

◆材料費

◎ 200円

◆対象

◎ 小学生以上(一人参加できる人)

【申込方法】

◎ 往復はがきにて申込(1枚につき1名の申込)

・氏名
・住所
・電話番号
・イベント名

を明記してください。

◆宛先

〒981-0902 仙台市青葉区北根2-7-1

仙台文学館

◆申込締切

(1)2017年9月10日(日)必着
(2)2017年10月19日(木)必着

仙台文学館へのアクセス

【仙台文学館】

〒981-0902 仙台市青葉区北根2-7-1

TEL:022-271-3020

◆電車利用

◎ 地下鉄「台原駅」下車 台原森林公園内「あかまつの道」経由 徒歩で約 30分

または台原駅からタクシーで約 5分

台原森林公園及び仙台文学館の遊歩道は山道で高低差も多いです。
雨天時はバスの利用が安心です。

◆バス利用

★「北根二丁目・文学館前」下車 徒歩約 5分

◎ 「仙台駅」前よりバス利用

《西口バスプール南側(地下鉄南4出口前)》

・2番のりば「宮城交通バス」

宮城大学(市役所経由・上杉通経由)
泉アウトレット(北山トンネル経由を除く、市役所経由)

・3番のりば「宮城交通バス」

宮城学院(市役所経由・上杉通経由)

・4番のりば「宮城交通バス」

虹の丘団地(東勝山団地経由、黒松団地入り口経由)
泉中央駅(虹の丘・みずほ台経由)
八乙女駅(虹の丘・加茂団地経由)

・6番のりば「宮城交通バス」

富谷営業所、南富谷サニータウン、向陽台団地
明石台団地、松陵ニュータウン(免許センター経由)
鶴が丘ニュータウン(住宅前経由、免許センター経由)
東北学院大学泉キャンパス、新富谷カーデンシティ
八乙女駅(黒松団地経由)

・6番のりば「市バス」

八乙女駅

◆車利用

◎ 仙台駅前方面から泉中央方面へ県道22号を約5km(約25分)

◆駐車場

◎ あり 40台
※満車の場合、近隣には駐車場がありません。

まとめ

「精霊の守り人」はアニメ版と実写版がありますよね。

ファンのなかでもアニメがいいという人と実写版の綾瀬さんがいいとか、いろいろ意見があるようですが・・・

原作を読んでその世界観にハマった人も多いようです。

この展覧会ではTVドラマやアニメの関連資料、漫画化された作品の展示などもありますから見どころ満載です。

スポンサードリンク