水遊びをジャブジャブ池で楽しむには都内の公園で!子供の紫外線対策も

夏になると小さなお子さんに水遊びをさせることもありますよね。

都内にはたくさんの公園にじゃぶじゃぶ池があります。

無料で利用できるところがほとんどですから、ルールを守って遊ばせましょう。

お子さんの紫外線対策も忘れずにしたいですね。

スポンサードリンク



水遊びのできるジャブジャブ池がある都内の公園

水遊び02 - コピー

都内には水遊びができる「ジャブジャブ池」のある公園がたくさんあります。

【東京都内にじゃぶじゃぶ池のある主な公園】

舎人(とねり)公園

◎東京都足立区舎人公園1-1 TEL 03-3857-2308

◎期間 2015年7月18日~8月31日

◎時間 10:00~16:00(12:00~13:00は点検のため休止)

◎休業 水曜日 雨天の日 低温の日

林試の森公園

◎目黒区下目黒五丁目、品川区小山台二丁目 TEL 03-3792-3800

◎期間 7月~8月

◎時間 10:00~15:00

◎休業 木曜日(清掃日) 雨天の日 低温の日

木場親水公園

◎江東区木場3-17 TEL 03-5683-5581

◎時間 10:00~16:00

◎休業 月曜日

浮間公園

◎東京都板橋区舟渡2-15-1 TEL 03-3969-9168

◎時間 10:00~16:00

◎休業 雨天の日 低温の日

猿江恩賜公園(さるえおんしこうえん)

◎江東区住吉二丁目、毛利二丁目  TEL 03-3631-9732

◎時間 10:00~16:00

◎休業 月曜日 雨天の日 低温の日

ここにあげたのはほんの少しで、都内にはまだまだじゃぶじゃぶ池がある公園がたくさんあります。

無料で楽しむことが出来る公園を利用するのもいいですね。

都内 公園 じゃぶじゃぶ池などで検索すれば、お近くの公園が見つかると思いますよ。

スポンサードリンク




水遊びをさせる時の紫外線対策

水遊び03 - コピー

水遊びをさせる時は曇っていても紫外線対策が必要です。

とくに幼児は肌が敏感なので、日焼け止めを選ぶときも注意が必要ですね。

【子供の紫外線対策】

日焼け止めを塗る

つばの大きい帽子をかぶせる

長袖を着用させる

正午前後を避ける

お子さんの日焼け止めを購入する時は「子供用」「敏感肌用」と書いてあるものや、肌にやさしいタイプのものを選び、必ず、使用前にパッチテストをしてから使います。

かなり肌が弱い場合や敏感肌の場合は、小児科で相談した方がいいかもしれません。

施設などによって、日焼け止めの使用が禁止されている場合もあり、その場合の対策としてはUVカットタイプの水着があるので、そういった水着を着用させるといいですね。

帽子も日よけ布付きスイムキャップなども使うといいですよ。

⇒■★日よけ布付きスイムキャップ★

水遊びをさせる時の注意点

水遊びとなると子供も夢中になることが多いですが、見た目以上に体力を消耗します。

こまめに休憩をとらせ、2時間前後くらいで終わりにさせたほうがいいですね。

休憩を取る時は日陰でとりましょう。

水遊びをするとかなり汗をかきます。

水分補給はこまめにし、熱中症にならないように脱水症対策は必要です。

都内の公園の規約によって、3歳以上、小学生未満の場合や、小学3年生くらいまでOKなどがあります。

ほとんどがおむつがとれていて、水着着用となっていると思います。

つまり水遊び用おむつの着用は不可です。

まとめ

子供は水遊びが大好きですよね。

でも夢中になって何時間も遊ばせるのは危険ですから、しっかり見てあげないとダメですね。

子供だけでなく、一緒に出かけるママも、しっかり紫外線対策はしたほうがいいでしょう。

⇒■関連記事 日焼け止めの効果的な塗り方

スポンサードリンク