海上防災フェスタ新潟で護衛艦ひゅうが一般公開!ヘリ搭載の護衛艦

海上防災フェスタ新潟で「護衛艦 ひゅうが」の艦内一般公開が行われます。

「護衛艦ひゅうが」はヘリコプター搭載護衛艦で、2007年8月23日の進水・命名式でその時の防衛大臣であった小池百合子氏により命名され浸水しました。

今年2016年4月に起きた熊本地震では、被災地支援のために物資の集積の拠点として、またヘリコプターの運用拠点としても活躍しました。

スポンサードリンク


海上防災フェスタ 新潟 「護衛艦 ひゅうが」 一般公開

護衛艦ひゅうが一般公開 - コピー

出典:海上自衛隊

新潟の海上防災フェスタで「護衛艦 ひゅうが」の艦内が一般公開されます。

巨大なヘリ搭載護衛艦を間近で見るだけでなく、艦内も見学できますよ。

護衛艦ひゅうがの一般公開の他に「陸自車輌装備展示」や「消防車輌展示」なども予定されています。

【海上防災フェスタ 新潟 「護衛艦 ひゅうが」 一般公開】

護衛艦ひゅうが一般公開02 - コピー出典:海上自衛隊 

◆開催日程

◎ 2016年(平成28年)9月24日(土)・25日(日)

◆一般公開 開催時間

◎ 24日(土) 13:00~16:30

◎ 25日(日) 13:00~16:30

◆場所

◎ 新潟東港

◆問い合わせ

◎ 海上自衛隊 新潟基地分遣隊

TEL:025-273-7771

◎ 海上自衛隊 舞鶴地方総監部広報係

TEL:0773-62-2250

スポンサードリンク

護衛艦ひゅうが艦艇一般公開場所へのアクセス

護衛艦ひゅうが一般公開04 - コピー

護衛艦ひゅうが一般公開03 - コピー出典:海上自衛隊 

【会場:新潟東港までのアクセス】

◆電車利用

◎ 最寄り駅 JR「新潟駅」下車

タクシー利用で約40分

◎ 最寄り駅 JR「黒山駅」下車

タクシー利用で約15分

※路線バスはありません。

◆車利用

◎ 日本海東北自動車道「豊栄新潟東港I.C」から 約20分

◎ 新新バイパス「東港I.C」から東港方面に 約10分

◆新潟空港から

◎ タクシー利用 20分~30分

「掃海艇 すがしま」の一般公開

護衛艦ひゅうが掃海艇すがしま - コピー出典:海上自衛隊

同じ新潟地方で「護衛艦ひゅうが」の他に「掃海艇 すがしま」の艦艇見学が予定されています。

こちらは新潟東港ではなく、「寺泊港(長岡市)」での開催となります。

日程も9月初旬に予定されています。

【「掃海艇 すがしま」の一般公開】

停泊中の艦艇見学となります。

◆開催日程

◎ 2016年(平成28年)9月3日(土)・4日(日)

◆見学時間

◎ 9月3日(土)

13:30~16:00

◎ 9月4日(日)

9:00~11:00

13:30~16:00

◆場所

◎ 寺泊港(長岡市)

◆問い合わせ

◎ 自衛隊新潟地方協力本部

TEL:025-285-0515

まとめ

護衛艦ひゅうがはヘリコプターが4機着艦できるようになっています。

またヘリコプター格納のための巨大エレベーターもあるんですよね。

格納庫の中は広く、大量の輸送物資を簡単に甲板に出すことができるため、熊本地震の時も活躍してくれました。

ひゅうがは八代海に停泊し、オスプレイに艦上で水や食料、簡易トイレ等の救援物資を積み込んで南阿蘇村の白水運動公園に空輸しました。

海自屈指の大型護衛艦は、災害時にとても活躍してくれたんですね。

スポンサードリンク