2017サンシャイン水族館もうどく展2今回は触れたり嗅いだりもできる?

「毒毒毒毒毒毒毒毒毒展(もうどく展 2)」が開催されます。

展示生物も一新され、パワーアップしての登場です。

今回は、「触(ふ)れる」「嗅ぐ」などの体験も用意されています。

スポンサードリンク


サンシャイン水族館 もうどく展2 2017

【2017 サンシャイン水族館 もうどく展 2】

「毒毒毒毒毒毒毒毒毒展(もうどく展)」は2014年の夏に開催されました。

94日間、開催されましたがなんと約 20万人の来場者が訪れたんですね。

今回の「もうどく展 2」は3つのコンセプトをベースにして、ゾーン別になっています。

◆開催期間

◎ 2017年(平成29年)3月16日(木)~6月25日(日)

◆開催時間

◎ 10:00~20:00
※水族館本館の営業時間に準じます。
※最終入場は終了30分前
※営業時間は変更となる場合があります。

◆開催場所

◎ 水族館 特別展会場 ワールドインポートマートビル屋上

◆料金

◎ 有料

単館入場:600円
水族館利用&年間パスポート所持の人:400円
対象施設・イベント利用の人:400円

《対象施設》

SKY CIRCUS サンシャイン60展望台
コニカミノルタプラネタリウム“満天”
古代オリエント博物館
ナンジャタウン
J-WORLD TOKYO ほか

※※混雑の状況により、整理券を配布する場合あり

 

★3つのコンセプト

・防御するための毒をもつ生物
・毒を利活用する生物
・死亡例のある生物

 

◆ゾーン

(1)魔女の毒薬調合室~防御するための毒をもつ生物~
(2)マッドサイエンティストの研究室~毒を利活用する生物~
(3)レッドゾーン~死亡例のある生物~

◆問い合わせ

◎ サンシャイン水族館
TEL:03-3989-3466
★受付時間
4月-10月 10:00~20:00
11月-3月 10:00~18:00

スポンサードリンク




ポルカドット・スティングレイとシマスカンク

【展示生物】

展示される生物について、公表されているものを紹介します。

【ポルカドット・スティングレイ】

「ポルカドット」は水玉模様のことで、「スティングレイ」はエイのことです。

見た目は美しいので観賞魚としても人気が高いのですが、タンパク毒を持っています。

ブラジルのシングー川だけにすむエイだそうで、淡水にすんでいます。

でも、あまり泳ぐことがなく、砂の中に隠れて獲物を捕るチャンスを伺っているとか・・・

獲物の魚が来たら覆いかぶさって食べるそうです。

「ポルカドット・スティングレイ」は今回の「もうどく展 2」のポスターにも使われています。

【シマスカンク】

「シマスカンク」はイタチ科で体長は40cm前後で北アメリカに分布しています。

夜行性で夕方から夜明けにかけてエサを漁ります。

シマスカンクの肛門の近くににおい袋がついていて、敵に対してその中にためた液体を肛門から噴出します。

普通、スカンクの臭いってオナラだと思ってましたよね。

その悪臭ときたら1km先まで臭うんだとか・・・

体に付着したりすれば、においはお風呂に入っても1週間位はとれないくらい強烈だそうです。

運悪く、目に入ったりしたら失明の危機もあるそうですよ。

野生だと寿命がけっこう短くて、だいたい2年~4年くらいだそうです。

他にも多数、展示予定だそうです。

サンシャイン水族館へのクセス

◆電車利用

◎ 東京メトロ有楽町線「東池袋駅」下車 徒歩約 3分
※♯6.7出口方面に向かうと、途中で「サンシャインシティ地下通路」の案内あり

◎ JR・東京メトロ・西武線・東武線「池袋駅」下車 徒歩約 8分
※池袋駅東口♯35出口が一番近い出口
※サンシャイン60通りを通り、右手の「東急ハンズ」の横にサンシャインシティ地下通路入口(エスカレーター)あり

⇒■サンシャインシティへの行き方

⇒■サンシャイン水族館案内図 

◆駐車場

◎ サンシャインパーキング

東京都豊島区東池袋3-1-1 サンシャインシティB2・B3

サンシャインパーキングフロント(サンシャイン60ビル B2)
TEL:03-3989-3452

★1,800台

⇒■サンシャインパーキングガイド

まとめ

サンシャイン水族館にある「カナロア カフェ」や「ショップ アクアポケット」では「もうどく展 2」開催期間中、特別メニューが登場するそうですが、かなり見た目も毒々しい感じのものが・・・

食べるのに勇気がいるかもしれませんね。

どんなものか見たい人はこちらで・・・↓

⇒■デトックスヨーグルトとポップコーン 

スポンサードリンク