全国金魚すくい選手権大会関東大会2017金魚すくいのコツなども!

行方市といえば「鯉の養殖」が有名ですが、養殖のルーツは昭和30年代に始めた金魚の養殖だったそうです。

その行方市で「全国金魚すくい選手権大会 関東大会」が今年も開催されます。

参加者にはもれなく金魚のプレゼントもあります。

スポンサードリンク


全国金魚すくい選手権大会 関東大会 2017

茨城県行方市(なめがたし)で「全国金魚すくい選手権大会」の関東大会が開催されます。

上位入賞者には8月に奈良県で開催される全国大会の出場権を獲得出来ます。

また、大会参加者全員に金魚のプレゼントもありますよ。

今年で9回目の開催となります。

【全国金魚すくい選手権大会 関東大会 2017】

◆開催日程

◎ 2017年(平成29年)7月2日(日)
※雨天決行

◆受付時間

◎ 9:00~11:30
※当日受付のみ

◆開催場所

◎ 霞ヶ浦ふれあいランド 虹の塔下

◆参加費

◎ 無料

◆参加資格

◎ 小学生以上 全国大会当日参加可能な方

◆部門

◎ 一般の部
◎ 小・中学生の部
※各部門10名が全国大会の出場権を獲得

★同時開催:関東一金魚すくい王決定戦
(関東大会上位10名と全国大会出場経験者10名の戦い)

◆問い合わせ

◎ 行方市観光協会
TEL:0299-55-1221

◎ 天然屋
TEL:0299-56-6822

 

【全国大会の予定】

◆開催日

◎ 2017年(平成29年)8月20日(日)

◆場所

◎ 奈良県大和郡山市

 

スポンサードリンク




金魚すくいのコツ

【金魚すくいのルール】

1人1枚のポイを使い、3分間で金魚を何匹すくえるかを競います。

◆注意事項

・必ず片手で競技を行い、もう一方の手でボールを触れない
・ポイの円の部分に触れて競技しない
・壁すくい禁止
・流し込み禁止

【金魚すくいのコツ】

・ポイの裏と表を間違えない
※使うのは「表」
※見分け方はプラスチックの円形の部分に紙が貼りついているほうが表
・金魚を入れるボールには水をたっぷり入れておく
・ポイは左右に斜めに切るように動かす
・水面に近い金魚を選んですくう
・金魚をポイの上に乗せたら斜めに引き上げる
※ポイの縁に近いところに移しながら引き上げるのがベスト

霞ヶ浦ふれあいランドへのアクセス

【霞ヶ浦ふれあいランド】

〒311-3512 茨城県行方市 玉造甲1234
TEL:0299-55-3927

◆電車利用

◎ JR常磐線「土浦駅」下車

「土浦駅」西口より関鉄グリーンバスを利用

西4番のりばより玉造駅行きに乗車
「霞ヶ浦ふれあいランド」もしくは「道の駅たまつくり」下車・・・約50分

◎ JR常磐線「石岡駅」下車

「石岡駅」より鹿島鉄道「玉造駅」行きの関鉄グリーンバスに乗車
「玉造駅」下車 約 50分
タクシーか「土浦駅行き」の関鉄グリーンバスに乗り換え 約 5分

◆車利用

◎ 常磐自動車
・千代田石岡ICより 国道355号線で約 20Km
・土浦北ICから霞ヶ浦大橋経由で約 25km

◎ 東関東自動車道
・ 潮来ICから国道355号経由で約 30km

◆駐車場

◎ あり 500台

まとめ

ポイの表を裏を確認していない人も多いですよね。

というか、そもそも裏と表があるということを知らない人もいますし・・・

せっかく参加するなら、きちんとポイの表を確認してやってくださいね。

スポンサードリンク