青春18きっぷの使い方|自由席グリーン車や夜行列車に乗る時の注意点

青春18きっぷは急行・特急などは乗れませんが、時間がある学生などには格安の料金でJRが乗れるので、とても便利な切符です。

一人で5回利用してもいいですし、同じ方向で使うなら複数人でも利用できます。

青春18きっぷと聞くと、18歳未満しか使えないようなイメージがありますが、年齢制限はありません。

スポンサードリンク


青春18きっぷの使い方

青春18きっぷ02

【青春18きっぷとは?】

全国のJR線の普通列車が1回あたり2,370円で1日乗り放題のおトクなきっぷです。

1人で5回分または5人までのグループ利用ができます。

買う時に目的地とか決めている必要はありません。

ただし、通年販売ではなく、おもに学生が休みの間に使えるような期間が設定されていて、発売期間と利用期間がちょっとズレているので注意が必要です。

JR全線の普通列車(快速含む)の普通車自由席及びBRT、並びにJR西日本宮島フェリーが利用できます。

※BRT(バス高速輸送システム)

注意が必要な区間

青い森鉄道線の「青森~八戸間」、IRいしかわ鉄道線(※)の「金沢~津幡間」、あいの風とやま鉄道線の「富山~高岡間」を普通列車(快速含む)で通過利用する場合に限り、「青春18きっぷ」のみで利用できます。

各線とも途中駅(青森駅・八戸駅・金沢駅・津幡駅・富山駅・高岡駅を除く)で下車した場合は、別に乗車区間の運賃が必要となりますが、青い森鉄道の野辺地駅に限り途中下車することができます。

青春18きっぷのおねだん

◎大人 11,850円 

※子供料金はありません。子供でもこのきっぷを使う時は大人の料金とおなじになります。

※新幹線・在来特急・急行・中央ライナー・青梅ライナー・グリーン車指定席は使えません。

発売期間 2015年(平成27年)

◎春:平成27年2月20日~平成27年3月31日

◎夏:平成27年7月1日~平成27年8月31日

◎冬:平成27年12月1日~平成27年12月31日

利用期間 2015年(平成27年)

◎春:平成27年3月1日~平成27年4月10日

◎夏:平成27年7月20日~平成27年9月10日

◎冬:平成27年12月10日~平成28年1月10日

払い戻し

※未使用の場合で有効期間内に限り、青春18きっぷの発売箇所で手数料220円で払い戻しができます。

※一度でも使用した場合はできません。

◎使用したものでも回数が残っていたら、有効期間内であれば金券ショップなどに持ち込めば売れますよ。

【使い方】

青春18きっぷは自動改札は使えませんので、駅員さんのいるところでスタンプを押してもらいましょう。

きっぷは1回分にばらすことができない、1枚の切符になっていて、日付を入れる場所が5箇所(5回分)あります。

一度日付を入れてもらえば、あとは駅員さんのいる改札で見せればOKです。

これで、その日1日、JR全線の普通列車は乗り降り自由にできますよ。

スポンサードリンク




青春18きっぷで自由席グリーン車に乗る場合

【普通列車グリーン車を利用できる路線】

東海道線

横須賀・総武線快速

宇都宮線、高崎線

湘南新宿ライン

常磐線の普通(快速)

青春18きっぷだけでグリーン車は利用できません。

普通列車グリーン券を購入しなければ乗れません。

このグリーン券は平日のほうが利用客が多いので料金が高く設定されていて、休日のほうが安くなっています。

また、事前に購入すると安く、車内で購入すると高くなります。

また、車内での販売は行わない場合もあります。

ホームの自動券売機で購入した場合は「事前料金」になります。

【平日料金】平日(12月29日~1月3日を除く)に利用する場合

事前料金

◎50キロまで 770円

◎51キロ以上 980円

車内料金

◎50キロまで 1,030円

◎51キロ以上 1,240円

【ホリデー料金】土曜・休日及び12月29日~1月3日に利用する場合

事前料金

◎50キロまで 570円

◎51キロ以上 780円

車内料金

◎50キロまで 830円

◎51キロ以上 1,040円

グリーン券はJRのみどりの窓口や券売機で購入できます。

Suicaを持っていれば、券売機で購入したほうが便利ですよ。

Suicaでグリーン券を購入した場合は、グリーン券の情報がカードに記録されるのできっぷなどは出てきません。

座席の天井にある「グリーン券情報読み取り部」にタッチするとランプが赤から緑に変わります。

ちなみにPASMOでもグリーン券は購入できます。

もし事前購入したのに席がなく、普通車に乗る場合はグリーンアテンダントに言うと払戻のための手続きをしてくれますよ。

デッキで立って乗っていてもグリーン券が必要なので、席に座れなかった場合は普通車に乗ったほうがいいかもしれませんね。

青春18きっぷで夜行列車に乗る場合

青春18きっぷ03

東海道本線「快速ムーンライトながら」東京~大垣

中央本線「快速ムーンライト信州」下りのみ

上越線「快速ムーンライトえちご」新宿~新潟

などがあります。

青春18きっぷの期間中の混雑期に運行されます

この夜行列車を青春18きっぷで利用する時には注意が必要です。

【ムーンライトながらの場合】

ムーンライトながらは全席指定席

※座席指定券が必要

※全国のJR駅のみどりの窓口で購入

【別のきっぷを用意した等がおトク】

青春18きっぷは、午前0時から有効日が切り替わるため、下りの場合は日付が変わるのが小田原です。

青春18きっぷを利用する場合、小田原まで1日分、 小田原から1日分ではもったいないので、東京~小田原までは普通の切符を購入して、小田原を出た後に車掌さんに青春18きっぷにスタンプを押してもらいましょう。

※青春18きっぷはあらかじめ用意が必要です。

上り(大垣→東京)の場合は豊橋までの普通乗車券を購入したほうがおトクです。

ただし、大垣ではなく、京都や大阪からの場合は2日分使ったほうがいいですね。

◎ムーンライトながらの車内は一晩中明るいので、眠りたい場合はアイマスクとかネックピローとかあったほうがいいかもしれません。

ネックピローは携帯用とかたくさんありますから・・・

⇒■★楽天でネックピロー旅行用をさがす★

車内販売とかはないので、飲み物や食べ物は事前に用意した方がいいでしょう。

まとめ

青春18きっぷは使い方によって、とても格安で旅行ができますね。

けっこう、ご年配の人とかも利用するようです。

のんびり各駅停車の旅をするにはもってこいのおトクきっぷですね。

スポンサードリンク