横浜開港祭2015日程と掃海母艦「うらが」一般公開やアクセスについて

横浜開港祭は毎年毎年70万人くらいの人出でにぎわいます。

開港祭なので海に関係のあるイベントが多いですね。

開港祭の最後を飾る花火も楽しみですね。

スポンサードリンク


第34回 横浜開港祭 2015日程

横浜開港祭02

【第34回 横浜開港祭 2015】

日程

◎2015年5月30日(土)・5月31日(日)・6月2日(火)

場所

◎臨港パーク及びみなとみらい21地区/新港地区/その他周辺

【開港祭のイベント】

マリンイベント

◎掃海母艦「うらが」 一般公開
◎官公庁艇パレード
◎スーパーキッズ 体験操船会
◎シーカヤック体験
◎『たかしまⅡ』乗船会 など

ランドイベント

◎横浜開港発祥ストリート
◎ワールドグルメカーニバル
◎わくわく特殊車両ランド
◎横浜開港祭ロボット未来パーク など

ステージイベント

◎開港祭LIVE
◎官公庁音楽隊LIVEステージ
◎開港祭 meets JAZZ
◎YOKOHAMAダンススタジアム
◎横浜銀行ドリーム・オブ・ハーモニー など

【花火】

日時

2015年6月2日(火)

時間

20:20~20:50

場所

臨港パーク前海上

6,000発

※雨天決行・荒天未定

スポンサードリンク




海上自衛隊の掃海母艦「うらが」一般公開

横浜開港祭03

今回の第34回横浜開港祭のイベントとして、海上自衛隊の掃海母艦「うらが」が一般公開されます。

海上自衛隊掃海母艦の艦船内を一般公開するので、めったに見られないものを見ることができますね。

【掃海母艦とは】

海軍などの掃海部隊の母艦。機雷の除去を行う掃海艇に対して燃料や物資の補給を行います。

【「うらが」一般公開】

日程と時間

◎5月30日(土)

10:00~11:30(受付11:00迄)

13:00~15:30(受付15:00迄)

◎5月31日(日)

9:00~11:30(受付11:00迄)

13:00~15:30(受付15:00迄)

場所

◎新港埠頭 8号バース

協力団体

◎自衛隊神奈川地方協力本部

⇒■関連記事 厚木基地日米親善春祭り2015

横浜開港祭へのアクセス

横浜開港祭04

【臨港パーク】

電車利用

◎みなとみらい線みなとみらい駅から徒歩5分

◎新高島駅から徒歩10分

◎JR桜木町駅から徒歩15分

◎市営地下鉄 桜木町駅から徒歩15分

車利用

◎首都高速横羽線みなとみらいランプから3分

【駐車場】

◎100台  車高2mまで250円/30分(平日割引 8:00~21:00は最高1100円 ※ただし特定日を除く)

まとめ

6月2日(火)に行われる花火はメイン会場はかなり混雑します。

カップヌードルミュージアムパークなどはけっこう早めに行けば、いい場所が確保できるかもしれません。

ちょっと離れていますが、場所を選べば山下公園からも見ることができ、例年は見物客も少なめですね。

6月2日というのは横浜開港記念日なので、横浜市立の学校はすべて休みになります。

スポンサードリンク