錦織神社が小田原の人気パワースポットに|御朱印は朱色から金色に変更

テニスで錦織選手がものすごく活躍しましたよね。

全米オープン男子シングルスで準優勝でしたから・・・

この錦織選手の活躍で、神奈川県の小田原城山にある錦織神社が注目を浴びて、人気のパワースポットになっているようです。

スポンサードリンク



小田原の錦織神社がパワースポットとして人気に

錦織選手の活躍に伴い、小田原城の鬼門除け稲荷として知られる大稲荷神社の境内にある、錦織神社が新たなパワースポットとして注目を浴びているようですね。

地元では錦織神社のことを「にしきおり」と読んだり、「にしこおり」だったりさまざまで、「にしこりさん」の愛称で呼ぶ人もいるそうです。

錦織神社という神社は大阪府富田林市にもあるようですが・・・

関東からではちょっと遠いですよね。

東京近辺にお住まいなら、小田原のほうが近いので行きやすいかもしれません。

の錦織神社というのは1633(寛永10)年の大地震で、領内が荒廃した小田原藩の厳しい年貢取り立てに、切腹覚悟で年貢の軽減を藩主に直訴した関本村(現南足柄市)の名主・下田隼人(はやと)を祭っているそうです。

心願成就や五穀豊穣だけでなく、勝利の御利益もあるんだとか・・・

錦織選手の活躍とともに参拝客が増えたそうで、錦織神社の御朱印も朱色から金色に変更したみたいです。

スポンサードリンク




御朱印とは

本来、参拝者が写経をお寺に納めた際にいただく印だったのが、納経しなくても参拝のあかしとして頂けるようになり、のちに神社にも広がり、多くの神社や寺社で御朱印が頂けるようになりました。

御朱印は、御守やお札と同じく神仏や寺社名が書いてありますから、御本尊や御神体の分身といえるもので、記念のスタンプのようなものとは分けて考えたほうがいいですね。

御朱印を頂いたら大切に保管した方がいいでしょう。

御朱印集めの始まりは霊場巡礼にあるといわれているようです。

四国のお遍路さんなどで有名ですよね。

どこでも御朱印がもらえるわけではなく、参拝客が多い神社や寺社で、とくに神社は普段、宮司さんがいらっしゃるところでないと頂けません。

御朱印の頂き方

御朱印を頂くには、御朱印帳を用意しましょう。

自分で用意した御朱印帳にいただくのが基本です。

御朱印帳は大きな寺社や文房具店や仏具店でも購入できますし、楽天とかアマゾンとかでも購入できます。

メール便対応のショップもありますよ。

⇒■★楽天で御朱印帳をさがす★

御朱印は参拝の後が基本ですが、参拝客の多い寺社などではお参りする前に御朱印を頂くよう指示される場合もあるようです。

その場ですぐ書いて頂ける場合とあずける場合があり、あずける場合は待ち時間を伺う事もできると思います。

まとめ

神社仏閣巡りが好きな人なら小田原城などだけでなく、この錦織神社に行って御朱印を頂いてくるのもいいですね。

大稲荷神社は小田原駅から徒歩で5分位のところにあります。

紅葉の時期に出かけてみるのもいいですね。

小田原関連記事

⇒■小田原北條五代祭り2015アクセスと名産品のお土産紹介など 

⇒■小田原ちょうちん夏まつり2015開催日程

⇒■一夜城まつり小田原2015

スポンサードリンク