北海道新幹線開業時イベント開催日程ブルーインパルスの祝賀飛行も!

今年いよいよ北海道新幹線が開業しますね。

北海道新幹線の開業を祝してイベントが開催されます。

あのブルーインパルスの祝賀飛行も予定されていますよ。

スポンサードリンク



北海道新幹線開業時イベント 2016 開催日程

北海道新幹線開業時イベント02 - コピー 北海道新幹線開業時イベント03 - コピー

北海道新幹線は2016年(平成28年)3月26日(土)に開業します。

「東京駅」から北海道の「新函館北斗駅」までつながります。

東北新幹線の新青森駅から函館市付近・小樽市付近を経て札幌市に至る、延長約360kmに及ぶ路線が「北海道新幹線」になります。

今回つながる「新函館北斗駅」までは「新青森駅」から「奥津軽いまべつ駅」・「木古内駅」を経て「新函館北斗駅」までとなります。

「新青森駅」から「新函館北斗駅」までは約148kmですね。

東京から新函館北斗間の直通運転は最速4時間2分「(はやぶさ)5・11・34号」で結びます。

新幹線開業に伴い夜行列車の寝台特急「カシオペア」夜行列車の「はまなす」青函特急「スーパー白鳥」「白鳥」は運行が取りやめになります。

「カシオペア」の運行がなくなるのは残念ですね。

最終運行日は上野発が2016年3月19日(土)で、札幌発が2016年3月20日(日)になっています。

「新函館北斗駅」から「札幌駅」までの区間は2030年度末が開業予定になっています。

【北海道新幹線開業時イベント 2016】

開催日程

◎ 2016年(平成28年)3月26日(土)・27日(日)

開催場所

◎ JR函館駅・函館駅前市有地

開催テーマ

◎ 「つながるニッポン。」

北海道新幹線の開業で日本列島が北から南まで結ばれることから「つながるニッポン」をテーマに開業イベントが開催されます。

北海道新幹線の「新函館北斗駅」がある「北斗市」は2006年2月1日に上磯郡上磯町と亀田郡大野町が合併して誕生した市です。

まだ北斗市になってからようやく10年なんですね。

北杜市の名産品は「マルメロ」という果実や道産米の「ふっくりんこ」、「トマト」「ホッキ貝」「ホタテ貝」だそうです。

スポンサードリンク

北海道新幹線開業時イベントにブルーインパルスの祝賀飛行が!

北海道新幹線開業時イベント05 - コピー

北海道新幹線開業時イベントの2日間のうち、開業当日の2016年(平成28年)3月26日(土)にはブルーインパルスの祝賀飛行が予定されています。

会場付近の上空を飛行して、北海道新幹線の開業に華を添えるということですね。

ブルーインパルスの飛行に関しての詳しい情報はまだ発表されていませんが、祝賀飛行が行われる予定になっているのは3月26日の1日限りのようです。

ブルーインパルスの祝賀飛行は天候によっては中止があるかもしれません。

晴天に恵まれれば、空からのお祝い飛行も見られますからいい天気になるといいですね。

北海道新幹線開業時イベント概要

北海道新幹線開業時イベントではいろいろなイベントが予定されています。

開業当日の夜は地元アーティストのライフステージや書道パフォーマンス、調理を学ぶ高校生が考案した「オリジナルメニュー」も販売されます。

また、北海道新幹線の開業までの記録映像「新幹線開業ストーリー」の映像上映や花火なども予定されています。

【つがるニッポン はこだて食堂】

◆函館の名店・人気店が2日間限定のスペシャルメニューを販売します。

◆函館バーベキュー

◎ 函館朝市による海鮮バーベキューを提供

◆郷土料理の振る舞い

◎ 北海道といえばやっぱり「カニ」ですね。巨大鍋で作った「カニ汁」を振る舞います。

【日本列島 らーめん選手権】

◆新幹線でつながる地域のご当地ラーメン店が出店

【新幹線沿線自治体観光PRブース】

◆郷土料理や物産販売

◆観光PR

【どこでもユキちゃん】

北海道新幹線開業時イベント04 - コピー

北海道新幹線開業PRキャラクターは雪だるまの「どこでもユキちゃん」といいます。

一応?新幹線カラーがマフラーなどに使われています。

口癖は「でスノー」なんだとか・・・

この「どこでもユキちゃん」をペーパークラフトで作ることが出来ますよ。

北海道新幹線開業時イベント06 - コピー

クラフト紙などに印刷して切り抜き、糊付けして作ることができます。

春休みにお子さんと一緒に作っても楽しいですよ。

⇒■「どこでもユキちゃん」ペーパークラフト

 

まとめ

今回イベントが開催される函館駅のすぐ近くに「函館朝市」がありますよね。

観光客で賑わう市場で、何度かここで買い物をしたことがあります。

テレビなどでもよく紹介されていますよね。函館駅周辺には青函連絡船記念館「摩周丸」とかもありますよ。

函館市内は市電(路面電車)が走っているので観光であちこち見て回るなら市電1日乗車券(600円)や市電・函館バス共通1日乗車券(1,000円)などがあるので、それを利用するとお得ですよ。

スポンサードリンク