谷汲ゆり園2017見頃やゆりまつり日程とアクセスについて

「谷汲ゆり園」は谷汲大洞地区の住民によって開園されました。

ゆりとアジサイの開花時期のみ開園します。

約 30万球の色とりどりのゆりが咲き誇ります。

スポンサードリンク


谷汲ゆり園 2017

「谷汲ゆり園(たにぐみゆりえん)」は約3ヘクタールのひのき林にスカシ・オリエンタル系のゆりが約 30万球植えられています。

ゆりと森林浴が同時に楽しめますよ。

この「谷汲ゆり園」はもともと大洞地区の区有林で、ゴルフ場開発の計画がとん挫したことをきっかけに、地域住民が出資して整備し開演することが出来ました。

純白で大きなカサブランカやかわいいピンクのルレーブなど、たくさんのゆりが出迎えてくれます。

この「谷汲ゆり園」は講談社発光の「花百花」の中で、「日本のゆり園ベスト5」にも選ばれています。

来場者は周辺にある谷汲山華厳寺や揖斐郡の温泉なども楽しんでいるようです。

【谷汲ゆり園 2017】

◆開催日程

◎ 2017年(平成29年)6月10日(土)~7月9日(日)
※期間中無休

◆開園時間

◎ 8:30~17:00

◆会場

◎ 谷汲ゆり園

◆ゆりまつり

◎ 2017年6月25日(日)

・歌謡ショー
・カラオケ
・郷土芸能の披露
など

◆入園料

◎ 大人(中学生以上):500円

◎ 障がい者(手帳持参):300円

※小学生以下無料

◆問い合わせ

◎ 谷汲ゆり園

TEL:0585-56-3988
※開園期間中のみ対応
※開園期間中以外は揖斐川町観光プラザ TEL:0585-55-2020

山の中を散策するようにコースが設けられています。
展望場所からの風景もステキですよ。

スポンサードリンク




谷汲ゆり園へのアクセス

【谷汲ゆり園】

〒501-1312 岐阜県揖斐郡揖斐川町谷汲大洞999
TEL:0585-56-3988(開園期間中のみ対応)

◆電車利用

◎ 樽見鉄道「谷汲口駅」下車 コミュニティバスで約 12分

◎ 養老鉄道「揖斐駅」下車 コミュニティバスで約 23分

◆車利用

◎ 名神高速道路

・岐阜羽島ICから「国道21号・157号」を北へ50分
・大垣ICから「国道258号・417号」を北へ50分

谷汲山華厳寺と谷汲温泉「満願の湯」

「谷汲ゆり園」の近くには「元湯谷汲温泉 満願の湯」という2000年(平成12年)にオープンした日帰り温泉施設があります。

広いゆり園を歩いて疲れたら、温泉で疲れを取るのもいいですね。

◆元湯谷汲温泉 満願の湯

〒501-1311 岐阜県揖斐郡揖斐川町谷汲徳積1684
(谷汲振興事務所前)
TEL:0585-56-1126

駐車場は110台とめられます。

◎ 入泉料(税込)

大人      :500円
小人(12歳未満):400円
※3歳未満無料

◎ 定休日

毎週金曜日

◆谷汲山華厳寺

「谷汲ゆり園」の近くには「谷汲山華厳寺(たにぐみさんけごんじ)」があります。

延暦十七年(798)に創建され、日本最古の観音霊場「西国三十三所観音霊場」の第三十三番札所で結願・満願のお寺として知られています。

また、春には桜、秋には紅葉の名所としても有名です。

西国三十三所巡礼では総距離1000キロメートルを超える道のりとなるそうです。

観音菩薩さまにご縁をいただいて守っていただくといいですね。

この三十三という数字は観音菩薩が33の姿に身を変えて人々の心の悩みや苦しみを救ってくださるからだそうですよ。

⇒■谷汲山 華厳寺 周辺のホテル・旅館 楽天トラベル

まとめ

「谷汲ゆり園」の入口左側には揖斐川町の物産など、おみやげやさんがあります。

そこではゆりの苗や切りゆりも販売されていますよ。

スポンサードリンク