妊婦はコーヒーを避けてノンカフェイのたんぽぽコーヒーがいいって本当?

コーヒーが大好きで毎日何杯も飲んでいた人が妊娠したら「コーヒーは控えたほうがいいよ」っていわれることがありますよね。

なぜ妊婦さんがコーヒーなどのカフェインをとらないほうがいいのか、それにかわるおすすめの飲み物としてたんぽぽコーヒーがいい理由などを紹介したいと思います。

スポンサードリンク



妊婦がコーヒーを飲まないほうがいい理由

【妊娠したらカフェインを控えたほうがいい理由】

カフェインは胎盤を通りやすく、そのため胎児の身体と母体の身体の濃度が同じになる

※カフェインには胎児の中枢神経を覚醒・興奮させる作用がある

※子宮内の胎児の発育が遅くなるリスクが高くなる

母体への影響

※カフェインと強く結びつくタンニンが鉄分の吸収も妨げる

※カフェインによる尿からのカルシウム排泄

=カルシウムや鉄分不足につながる

スポンサードリンク




ノンカフェインのたんぽぽコーヒー(たんぽぽ茶)がおすすめ

【たんぽぽコーヒー=たんぽぽ茶】

たんぽぽコーヒーとたんぽぽ茶は同じものです。

ただ、販売元によってたんぽぽ根100%で国産のものや外国産のものもあります。

コーヒーと名前がついていますが、コーヒーのような味がするというだけで、コーヒー豆などを使用されていませんのでノンカフェインです。

たんぽぽの根は、鉄分やミネラル分を多く含んでいて、コーヒーに似た味なので、妊娠中や授乳中のコーヒー好きの女性が安心して飲めます。

インスタントコーヒーのように粉末タイプや紅茶のようにひも付き三角パックになっているものなどがあります。

なかにはドリップ用もありますが・・・

【たんぽぽコーヒー発祥の地はポーランド】

たんぽぽコーヒーのたんぽぽは国内でも栽培されていますし、市販のものは中国産が多く、ヨーロッパ各地でも栽培されていますが、たんぽぽコーヒー発祥の地であるポーランド産は高品質といわれています。

日本のほと麦茶とかどくだみ茶のようなハーブティーとして日常的に飲まれているお茶のようですね。

たんぽぽコーヒーはいろいろなところから販売されていますが、味もまちまちですから自分にあったたんぽぽコーヒーを捜すといいですね。

なかにはたんぽぽ根100%でないブレンドしてある商品もあります。

苦味が苦手な方は砂糖を加えたり、カフェオレのようにして飲んでも美味しいですよ。

たんぽぽの効能

たんぽぽ【西洋たんぽぽはキク科に属するたんぽぽの一種】

別名:ダンデライオン

※西洋では、たんぽぽは第1級の薬草とされている

【たんぽぽの効能】

利尿作用

※むくみの軽減や改善・予防

※トイレが近くなるので副作用とまではいかないが頻尿になる人も

健胃作用や強肝作用

※胃もたれ・食欲不振・消化不良の改善

※胆汁の分泌を促進する作用⇒肝臓における脂質代謝を助ける

※胆石の予防

血液を浄化する作用

母乳の出をよくしたり、母乳の質を良くする

まとめ

タンポポコーヒーはコーヒーが飲めない時のかわりというだけでなく、いろいろな効能があります。

とくに授乳中のママには母乳の出や母乳の質もよくなる効能があるようですから、一石二鳥でしょうか。

たんぽぽコーヒーもやっぱり焙煎技術によって、かなり味が変わるようです。

効能があっても口にあわないのは続けられませんよね・・・

ちなみに国産たんぽぽコーヒーはやはり価格が高めですね。

スポンサードリンク