尿漏れや失禁で悩んでいるあなたに|骨盤底筋トレーニングで改善しよう

人には話せないけど、ちょっと尿漏れで悩んでいるっていう人って、けっこう多いんですよね。

中高年の女性はもちろん、妊娠中や産後の女性も尿漏れで悩んでいることがあります。

もちろん、男性でも。

少量の場合はパッドなどを使っていると思いますが、出来れば尿漏れを改善したいと思っていますよね。

尿漏れや失禁を改善するトレーニング方法を紹介したいと思います。

スポンサードリンク


尿漏れの種類

尿漏れ01尿漏れの原因によってタイプが分けられます。

もし症状が重い場合には恥ずかしがらずに婦人科か泌尿器科を受診した方がいいでしょう。

主だった尿漏れの種類

【腹圧性尿失禁】

お腹に力がかかった時、尿が漏れてしまうタイプで、くしゃみや咳をしたり、笑ったり、スポーツ時、重たいものを持ち上げた時などに漏れてしまう

女性の尿漏れはほとんどがこの、腹圧性尿失禁か切迫性尿失禁の混合型

【切迫性尿失禁】

尿意を感じてから我慢することができず、トイレに行くまでに尿が漏れてしまうといった症状のタイプ

【膀胱炎などによる頻尿】

失禁とは異なるが、頻尿の場合、時や場所を選ばずに頻繁に尿意をもよおすため、結果的にトイレが間に合わなくてちょっと漏れてしまう

【機能性尿失禁】

身体が不自由なお年寄りなどに多い、トイレに間に合わないというタイプ

腹圧性尿失禁と切迫性尿失禁の原因

スポンサードリンク




【腹圧性尿失禁】は出産・肥満・老化・慢性の便秘・運動不足などが原因で、尿道を支えている骨盤底筋や尿道括約筋が弱くなったために起こる

【切迫性尿失禁】は通常、尿意を感じた時、トイレにいくまで尿が出ないように脳がコントロールするが、これがうまく機能せずに暴行が勝手に収縮してしまうためトイレに間に合わない

※脳卒中などの後遺症をして起こることが多く、男性の場合は前立腺肥大症が原因になることも

女性の場合は原因がはっきりしないケースが多く見られる

治療は膀胱が勝手に収縮しないようにする薬の服用が一般的

骨盤底筋トレーニング

腹圧性尿失禁の場合、症状が軽い場合は骨盤底筋トレーニングを行うと効果的です。

骨盤底筋を鍛えることによって症状が改善される場合があります。

【あお向けに寝てするトレーニング】

脚を肩幅に開いて膝を立てる

体の力を抜いて肛門と膣をキュッと締め5秒間キープ

ゆっくりと肛門と膣をゆるめる

※10回で1セット

【椅子に腰掛けてするトレーニング】

脚を肩幅に開き、背中をまっすぐに伸ばし顔を上げる

肩の力を抜き、お腹に力が入らないようにしながら肛門と膣を締める

そのまま5秒間キープ

ゆっくりと肛門と膣をゆるめる

※10回で1セット

この2つの方法は簡単ですのでいつでも出来ると思います。

また他のいろいろな方法を紹介している動画を見て行ってもいいでしょう。

【尿失禁を予防・改善するための骨盤底筋体操DVD】

【中高年の尿もれ予防 改善編 | 健康元気道場 】

まとめ 

女性の場合は中高年でなくても、妊娠中や産後に尿漏れで悩むケースも少なくありません。

若くても中高年でも、尿漏れの悩みって人には相談できないことが多いんですよね。

腹圧性尿失禁の症状が軽い場合は、ここで紹介した骨盤底筋体操などで改善されることもあります。

また予防として行ってもいいでしょう。

尿漏れパッドなどを使わなくてもすむようになりたいですよね。

⇒■関連記事 出産後に便漏れして家族にも言えない!便失禁は何科を受診する?

スポンサードリンク